トップ画像
映画3/ハロウィン
2010-10-31 Sun 15:04
a0093332_20115139.jpg







今年はバンドのハロウィンではなく映画のハロウィンのご紹介(笑)

これは2007年にロブ・ゾンビが監督・脚本を担ってリメイクされた方の作品ですね。ロブ・ゾンビといえば昨年来日も果たしたミュージシャンなんですが、音楽性もホラー、ゴシックテイスト満載のこってこてのホラー映画愛好家。そんな彼がリメイクするとどうなるのかというと、これまたかなり見応えがあるじゃあないですか!!!

基本的にホラー映画って虐殺シーンに重きを置いてストーリーはおざなり.... って作品が結構あるんですが、このリメイク版では本来描かれなかった少年マイケル・マイヤーズがいかにして殺人鬼へと変貌してしまったのかを丁寧に描写しています。殺人鬼が突然現れて、中盤~後半で「あいつの正体は!」と言われるよりも、こうこうこうなって殺人鬼になってしまったのですって言われた方がわかりやすいですからねェ。


この映画は......

78点。


それにしても三大殺人鬼のジェイソン、フレディ、ブギーマン、どれが一番怖いかって言ったら個人的にはこのブギーマンが一番怖いかも(まぁフレディはチャーミングなところがあるしな・笑)これは09年にⅡも出てまして、これはまだ観ていないので夜にでもレンタルショップで借りてこようかなと思います♪
スポンサーサイト
movie | コメント:0 | トラックバック:0
<<映画4/離愁 | 大音量ロック美学論 Ver2 | JUDAS PRIEST/Painkiller>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |