トップ画像
JUDAS PRIEST/Painkiller
2010-10-30 Sat 09:56
JUDAS

1990年発表作品。

1. Painkiller
2. Hell Patrol
3. All Guns Blazing
4. Leather Rebel
5. Metal Meltdown
6. Night Crawler
7. Between The Hammer & The Anvil
8. A Touch Of Evil
9. Battle Hymn
10. One Shot At Glory



最近ジューダス熱がやばい!みたいな話を書いてたら10月25日はギタリストのグレン・ティプトンの誕生日、27日が同じくKKダウニングの誕生日だったんですねーあえて年齢は書きませんが、えぇ見事に還暦を超えてますねー(笑)

今日ご紹介するのは個人的にはジューダスの最高傑作であり、たかみーも「眠れない夜に聴くアルバム」としておススメしているペインキラーです。

80年代中盤からアメリカではスラッシュメタル勢の勢力が増し、この頃には一大勢力を築きあげていました。ジューダスといえば80年代中盤にアメリカでも成功を収め活動がワールドワイドしていく中で、いわゆる頂点から微妙に坂を転がり出してしまいます。そんなジューダスが台等を続けるスラッシュメタル勢と同じ土俵に立ち起死回生の一発として発表されたのがこの作品でした。

とにかくヘヴィでスラッシー!!!で、ありながらもジューダス特有の美意識がうまく組み込まれており暑苦しくないあたりがさすがですねロブの超人的なスクリーム、グレン&KKのギターもジューダス史上最もブルータル。そしてこの作品から新加入のドラマー、スコットのパワフルなドラミングとイアンのベースが作品全体をぎしっとタイトなものにしています。前半でたたみかけ、後半はじっくりと聴かせる構成になっているのでこの手のアルバムの中ではかなり聴きやすい作品だと思います。この作品には狂気、混沌、美意識の3つがそれぞれ最大公約数で共存しておりメタルゴッドの名に相応しい威厳に満ち溢れた1枚ではないでしょうかとにかくメタルに興味があるならば絶対に聴いてほしい!ストレスの溜まってる時なんかこの作品を大音量で聴いてるとスカッとしますよ







スポンサーサイト

洋楽J~L | コメント:0 | トラックバック:0
<<映画3/ハロウィン | 大音量ロック美学論 Ver2 | グレン・ティプトンのギターソロBEST10.>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |