トップ画像
Takamiy/Fantasia
2010-09-05 Sun 20:00
takamiy

2010年発表作品。

今回は全曲解説で行きまっせー

1.エデンの君

作詞は綾小路翔。様式美的なイントロから突入するメロスピ・チューン。相変わらず展開が複雑ですなぁこの作品は「ファンタジック・スピードメタル」を標榜しているので、あまりプログレ色が強いわけではないのですが、アタマっからいきなりプログレしてる感じが面白いですねぇギターの主旋律もカッコイイし、ソロ前のクラシカルなギターがイイのはもちろんのこと、マーティ・フリードマンのギターソロがこれまたイイこの人も一般的には色物扱いされてますが、ほんとにギターのセンスは抜群ですただしボーカルはこのアルバムで一番下手っぴでしょう。。。


2.仮面の魔法

作詞はたかみー。この曲が一番好きですねぇマジカル・クレイジー・ラヴって、どんなラヴなのか気になりますが(笑)この曲のギターソロはアルフィーも含めて、近年では一番好きです。入る直前のゆったりな感じがいいんですよねぇその後のクラシカルな展開もたまらなく好きです(そーいや90年代はギターソロに入る前にこんな感じのクラシカルなアコギ&ピアノパートをふんだんに使ってたような気がするけど、なんかひさしぶりな感じがします)

3.Fantasia ~蒼穹の彼方へ~

作詞はたかみー。いやー、まるっきりHELLOWEENじゃないですかw笑 カイ・ハンセンかマイケル・ヴァイカートかみたいなギターが狂おしい!!!この曲もボーカルはひどいんですが、歌メロはいいですねぇ。ソロでは松本孝弘が弾いてますが、これまたたかみーでは絶対に弾けないフレーズで味わい深いです

4.夜桜お七

坂本冬美のカバー曲ですね。マーティはよく「演歌はメタルだ!」と言ってますが、この曲を聴く限りまんざら嘘でもなかったんだと実感。最初聴いた時はキーが外れまくってるので絶句したのですが、どうやら意図的なようです(笑)欲を言うなら、この曲で松本とコラボしてほしかったなぁと。イントロの部分をふたりで分け合いながら弾いてもらえたら、最高にカッコよかったのに

5.HEY ! JOE !

作詞はみうらじゅん。個人的にはちょっとこれが微妙ですかね幸ちゃんが歌ったらピンときそうな雰囲気がします。あぁ、なんかこういう感じのヘヴィな幸ちゃんボーカルの曲が聴きたい(違うか)

6.月姫

作詞はAnchang。08年のシングルですねーなので言及しません(笑)

7.Snake & Maguerite

作詞はElivis Woodstock(リリー・フランキー)。あんまりイントロは好きじゃないんですが、歌メロはいいですねぇそれにしても歌詞がエロ過ぎる(笑)「わかったよ。秘密だよ。」の部分がセクシーで好きです

8.Vampire ~誘惑のBlood~

作詞はたかみー。09年のシングルですねー最近ひさーしぶりに映画「ドラキュラ」を見直したんですが、これに相当インスパイアされてますね~。クワイアを挿入したり、ゴシックテイストが強いので月姫より好きです。

10.Blood Of Eternal

作詞はたかみー。「愛を惜しみなく~」かと思っちゃいました最初はあんまり好きじゃなかったんですけど、ライヴ効果で好きになりましたねぇ。よくよく聴けばこういう濃厚な世界観たまらんです。これはVampireのアンサーソングですね

11.クレオパトラの涙

作詞はつんく♂。これまたイントロが「愛を惜しみなく」みたいですねぇ(笑)中近東っぽいギターがカッコイイです。歌メロは一番好きかも特に「本当の心はどこにあるの?今君は何を見ているかな?」の部分。

12.One Way Love

作詞はたかみー。08年シングルのカップリングの泣きのバラードですが、ほんとこの曲いらないなぁもともと好きじゃないうえに、ここまで完璧に統一された世界観が一気にぶち壊し



と、個々の楽曲の評価はこんな感じです。

全体像を見渡すと、12を除きここまで一つの音楽性に固執した作品はアルフィーを含めてほんとにひさしぶりですねぇ(個人的にはDNAくらいまで遡ります)前作では万華鏡の如く、カラフルなロックサウンドを提供し、歌詞もユーモアに溢れるモノがたくさんありましたが、この作品では徹底的にメロスピに固執して歌詞も外部作品を含めて、ほぼすべてが中世ヨーロッパや神話を題材にしたモノで統一されてますね(例外がカバーの4と、みうらじゅんの5)ただ、4、5、6も3曲連続で日本の歴史を題材にした歌詞だけにそれほど違和感はありません。

ギターに関しては正直ルーク、KOJI、Anchangは安定感はあるものの突出したフレーズがあるようには感じられませんでした。彼らに関しては本家を聴いてるわけではないので、これがいつもの感じなのかは分かりかねますが。。マーティと松本のギターソロは個性がふんだんに出てて素晴らしかった、とは言えます。たかみーは、それほど多くないであろうアイディアを見事に使い分けてるな、という印象でした。ここ数年スウィープを多様し始めて「イイんだけど、似たり寄ったり」なフレーズが多いように感じてましたが、今回はそんな注釈がついても充分と言えるくらい充実していたように思います。

ベースは今回から大桃俊樹が参加。この人のベースは初めて聴いたんですが、顔のわりには(?)メロディアスなベースを弾く人だなぁと。特に2のベースは大好きですねぇ前作よりもベース音が強いので、聴きやすかったです。

ドラムはなんと言っても長谷川君でしょうクレジット見てびっくりしましたよ個人的には11のドラムが一番好きなんですが、この人レベルが違いますわ.... アタックが強すぎですいやー、太郎ちゃんには悪いけどアルフィーでも長谷川君のドラムが聴きたい。。。

ボーカルはまぁ一般的に言えば絶句してしまう部類に入るでしょうが、サウンドはまったく以って完璧ですね。たかみーの事ですから、相当作りこんでるであろう濃密な作品である事は予想してましたが、呆れてしまうほどに予想を超えていましたこの作品は是非、海外のメタルを聴く人にも聴いてほしいアルバムですね








スポンサーサイト

THE ALFEE | コメント:2 | トラックバック:0
<<映画2/ドラキュラ | 大音量ロック美学論 Ver2 | T-FASHION完全解剖!!>>
この記事のコメント
σ(^^)は2、3、4、9が好きです^^
確かに7は歌詞がエロいですね(笑)
どうでもいい話ですけどEMIのサイトで公開されてる夜桜お七のPV見ました?たかみーの殺陣がめっちゃくちゃカッコいいですよヾ(≧∇≦*)ゝ

σ(^^)長谷川サンのドラムを生で聴いた事がないんですけど、馴染みのある音だなぁって思いました。知り合い曰わく長谷川サンはドラムのチューニングが低くて太郎チャンはドラムのチューニングが高いんだとか(^_^;太郎チャンのドラムってメタルに向いてるような気がするんですよ。σ(^^)はそう思います。

そういえば、1に星空のディスタンスとARCADIAが隠れてる事を発見しました(笑)
2010-09-05 Sun 20:45 | URL | 紅梨洲悌~娜 #-[ 内容変更] | top↑
>くりすてぃーなさん
夜桜お七観ましたよ~。携帯からだと分かりませんが、この記事にyoutubeの動画を貼ってます(笑)

月姫、vampireのPVはまずまずでしたがこれは素晴らしいですね★めちゃくちゃカッコイイです★

1曲目、綾小路のリスペクトですね!!!
2010-09-08 Wed 06:02 | URL | ガブリエル@盛岡 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |