トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
BIGELF/Chat The Gallows
2010-08-10 Tue 09:36
bigelf

2008年発表作品。

邦題:鍵盤狂想曲 第一幕

1. Gravest Show on Earth /終末へのシナリオ
2. Blackball
3. Money, It's Pure Evil /マネー ~悪魔の囁き~
4. Evils of Rock & Roll /ロックンロールの悪魔
5. No Parachute
6. Game
7. Superstar
8. Race with Time /時と駆けて
9. Hydra
10. Counting Sheep


つい昨日サマソニ2010にて初来日をしたビッグエルフの4thにして本邦デビュー作2008年の作品ですが、日本では今年の4月リリースですねぇ。

ステージの中央に鍵盤二台を置いて、それを弾きながら歌うボーカル兼キーボードのデーモン・フォックスの出で立ちからして視覚的に興味をそそるバンドですが、この時代にモロ70年代回帰型のバンドですねー。世間的にはビートルズ+クイーン+ピンクフロイド+サバスと言われているんですが、これがまさにその通りで上に述べたバンドの旨みを1曲にすべて注ぎ込むんだから、もうなんでもありって感じです(笑)ジャンルで言えばプログレハードに該当するバンドですが、とにかく洒落っ気があるバンドなので音楽好きはニヤっとせずにはいられないでしょう


あぁ...... 蘇る70年代の素晴らしきアートロック.....!!!

スポンサーサイト

洋楽A~C | コメント:0 | トラックバック:0
<<映画1/ボーダー | 大音量ロック美学論 Ver2 | たかみーソロシングル情報。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。