トップ画像
itunes musicをはじめてみた。
2016-05-02 Mon 00:53
世の中便利になったなぁ~、と。

いつも拝読してるブログで、itunes musicにかなりマニアックなプログレの名盤が溢れていて捗る。なんて投稿を見ましてね。

私は古くからプログレ大好き人間なんですが、もちのろんで「そこだけ」ではないので、結構CD収集が大変なのです。流通数も少なく、普通のCD屋にはクリムゾン、フロイド、イエス、ELP、ジェネシスくらいなもんですからねぇ。

そんなこんなでitunes musicに登録してみると、まぁあるわあるわ、宝の山が。聴きたくても売ってなくて(廃盤)で聴けない作品や、気になるんだけど情報量が少なすぎて買うのは気がひけるようなバンドまで、簡単に聴けるんだから便利なことこの上なし。

ほんと、プログレ道は大変ですよ。イギリス、イタリアはまだこの日本でも情報量がそれなりにありますが、例えばスカンジナヴィア半島のプログレだとか、東欧のプログレだとか、イスラエルのプログレだとか… こんなの情報が入ってこないですよ。そんな中で、itunes musicさえあればすぐに聴けますからねー。しかも自分のiPodにダウンロード出来るので、通信料もかからない。

私的にはiPadに、聴きたいバンドの作品を一気にぶち込んで順に聴いていくというスタイルを取っています。それでもって、いい作品はそのまま残し(いずれCDで購入してる)、ダメな作品はそのまま削除。当然、itunesにない作品もあるのでそれらは購入するしかないんですが(例えばプログレでいえば、キングクリムゾンは1枚もありません)


さて、我らがアルフィーはどうか?


それなりに、あります。洋楽は豊富なんですが、邦楽は1枚もないんですがバンドが多いんですけどね。アルフィーは結構あります。

以下、itunes musicにおいてある作品です(順風)


三位一体
デビュー40周年スペシャルコンサート
讃集詩
新世界
AGR
AGR2
For your love
Alfee
Alfee's law
Arcadia
Almighty
Ages
DNA
LOVE
orb
Going my way
ONE
Nouvelle Vague
Alfee Classics (1. 2. 3)
JOURNEY

100億のlove story (通常盤)
Innocent Love(通常盤)
希望の橋(通常盤)
Lifetime love(全種類)
この愛を捧げて(全種類)
生きよう(全種類)
Glorious(全種類)
夜明けを求めて(全種類)
桜の実の熟する時(全種類)
英雄の詩(全種類)
Let it go (全種類)
Final wars (全種類)


たかみーソロ


雷神
Fantasia
Kaleidoscope
Berlin calling

誘惑の太陽(全種類)
ULTRA STEEL(全種類)
黄金龍王(全種類)
青空を信じているか?(全種類)
Vampire(全種類)
月姫(全種類)
千年ロマンス(cw/O.Z.Y)


どうですか、この品揃え。たかみーソロに関してはismと、千年ロマンスのcwの「君に会いたい」以外はすべてあります…!何が便利かって、自分でお気に入りのプレイリスト作りたい時に、自分のiPodに入ってないアルバム(曲)をいちいち読み込ませなくていいのがありがたいですねー。

アルフィー名義に関しては、割と新し目なのはすべて網羅されてますが、キャニオン時代のはあったりなかったり。

んで、システム上のエラーか分かりませんが、先日までは「Almighty」の「さすらい酒」を流すとAGR2の「さすらい酒」が流れるとか、「For your love」の「あなたがそばにいれば」を流すと、これもAGR2の「あなたの歌が聞こえる」が流れるというエラーがありましたが、現在では改善されています。

まだ、やり始めて一ヶ月も経っていませんが、感想としては「こりゃCD買わなくなるわ」と思いますね。私はそれでもアルフィー作品は当然のこと、その他のバンドも買い続けていきますが、ライトな音楽ユーザーはこれだけラインナップがあれば、後はYouTubeなりで補完出来ますし。

私のような音楽ヘビーユーザーにとっては、まだ見ぬ名盤に出会える貴重な機会ですが、その反面こりゃCDが売れないわけだよねと思えば、嬉しくもあり悲しくもあります。

とりあえず「今日のつづきが未来になる」は4枚買うんで、ご安心してください(笑)




スポンサーサイト

Do The Talking! | コメント:0 | トラックバック:0
<<今日のつづきが未来になる/THE ALFEE | 大音量ロック美学論 Ver2 | アルフィー、新曲ジャケ&各カップリング>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |