トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
あけましておめでとうございます。
2016-01-02 Sat 22:46
今年もよろしくお願いいたします。

2014年を振り返ると、音楽的にはとても充実した年だったと思います。

備忘録も含めて、少し振り返ってみましょう・・・




Slash-and-Myles-Kennedy.jpg

2月、今年のライヴ初めは待望のスラッシュ単独来日公演。

07年はメンバーのビザが発給されず来日中止、その後11年は震災で来日中止。フェスにはちょくちょく来てたんですけどねぇ。やっぱ最初に観るなら単独だろうと。そんなわけで8年待たされてよーやく会えました(´д⊂)生で観る生けるレジェンドのギターをたっぷり堪能しまして、本当にメモリアルなライヴになった気がします。

Motley-Crue.jpg

んで、先日の12月31日を持ってバンド名義としての活動を終えたモトリークルー。2年に及ぶファイナルツアーの一環だったということで、私にとっては最初で最後のモトリークルーでした。パイロが使われなかったのは残念でしたが、バッドボーイズロックンロールの権化としての威厳は十二分に発揮されておりました。さいたまスーパーアリーナ2公演行きまして、両日ともに同じセットリストでしたが、とりあえずニッキー・シックスを二日間観れたという喜びで感無量。活動停止は残念ですが、各々の今後のソロ活動&来日に期待したいところです。

20151214105329.jpg

そして、2月怒涛のラストはキッス。初の東北公演ということで、やっぱ地元東北に外タレの大物が来てくれているという事実だけでテンション上がっちゃうんですよねー。モトリーが来日公演で使わなかったパイロも、キッスはバンバン打ち上げていましたね。もはや安定のキッスというか、2回目の参加でセットリストも定番曲が固定化ですが、やっぱ楽しいです。あと、どの曲もみんなで歌えるっていうのがスゴイ重要だなーと。次の来日は頑張ってミーグリ取りたいなあ。

37-musicien-paul-mccartney.jpg

そして、4月は私のライヴ人生史上最も大物と言えるでしょう。サー・ポール・マッカートニーのドーム最終公演行ってまいりました。武道館も取れたのですが、行けなくなりまして、あとあと開演が押しまくってフルセットではなかったという事実を鑑みれば、まぁなんやかんやで豆粒でもドームで良かったなと。いや、良かったなっていうか、豆粒でもものすごく楽しかったですね。やっぱ、見えないとしらけちゃうんですけどねー。ちょっと、そのへん、ポールは違うんだなと思うと同時に、生来ストーンズ派だった私でさえ、こんなにもビートルズの曲が体に染み付いているんだなと驚きましたね。あんまりライヴにランクをつけたくないのですが、15年のライヴではポールが1番だったと感じています。

1280x720.jpg

外タレの間隔は空いちゃいましたけど、11月にホワイトスネイク。ディープパープル時代+ホワイトスネイクベストヒットライヴで、まさにデヴィッド・カヴァーデールの音楽人生を網羅するような素晴らしいライヴでした。高音が出ていない、なんて意見もありましたけど、個人的にはそんなの糞くらえでデヴィッド・カヴァーデールの魅力は中低音域にあると思っているので、ブルースを深々と唄う彼の声はたまらなかったですねー。また日本公演最終日ということもあり、ラストが他公演にはない曲が1曲増えたってのが感動しましたねー。いつもラストは決まっているバンドなので、こういう予定外のサプライズこそが「ライヴ」だよなーって感じますね。次回来日時も是非、東京まで行ってでも観たいですね。

1401x788-Def-Leppard-Press001.jpg

で、そっから2週間もしないうちにデフ・レパード@仙台。会場は残念ながらガラガラでしたが、内容的には素晴らしいライヴでした。ただ、個人的に不満だったのは武道館で持ち込んだフルセットを地方公演では一切持ち込まなかったことですねー。5日間で4公演という過密日程だった、と言われればそれまでですが、同じチケット代で・・・と、思わずにはいられませんでしたね。ステージ全面を覆う巨大なLEDモニターを採用したステージだったので、あれがあるのとないのとでは全然違っただろーなあと思うとちょっと悔やまれます。

20150205_poster.jpg

2015a_poster.jpg

去年は春秋1回づつでした。個人的には春秋共に、100%満足できるセットリストとは言えないのが残念でした。特に春は前半はオーラスが固定2曲の日替わりから、中盤以降、完全に日替わりになっていく様は羨ましかったですねー。こればっかりは行かなきゃ分からないんで、なんとも言えないんですけどね。とりあえず、今年の春ツアーはひさしぶりのアルバムツアーってことで、新曲と旧曲がどんな感じで絡んだセットリストになるのか楽しみです。

fc013cf910a4ab8b1bd49f4db16a7003.jpg

今年まさかの2公演行ったのが陽水でした。いやー、たまらなかったです。歌という点では、個性的でありながら右に出るものは誰もいないような孤高の存在だなーと。岩手は宮古と、仙台に参加しましたが、個人的には宮古のセットリストが好きでした。やっぱビギナーファンには「少年時代」があるのとないのとでは全然違いますから。笑 いつか「傘がない」を生で聴いてみたいですねー!!!

20150719kaidannight1.jpg

3年連続4回目の参加でした。個人的に稲川淳二の話を「怖い!」と思ったことは皆無で、視点は「よく出来てるな」とかそういう部分なんですよね。事実なのかフィクションなのかはどうでもいいんです。怪談という言葉とは裏腹に毎度笑顔の絶えないステージで、氏の人柄の良さが滲みでたアットホームな空間は居心地がいいですね。また今年の夏も行きたいですね。



ってなわけで、2015年はいろんな観たなーって感じです。内容はどれも素晴らしく、あとは個人の嗜好にどうフィットするかだけの話。今年は決まっているところで、アルフィー@水沢、仙台の2公演とボブディラン@仙台は確定ですね(ボブディランはチケット確保済み)

年末の12月28日にロックやメタルの世界にいる人間のすべてが憧れたモーターヘッドのレミー・キルミスターが急逝して、やっぱり観たいミュージシャンは観れるうちに観ておかないとなぁと思いました。私なんぞは、邦楽洋楽問わずおじいさんばっかり好きなもんで、引退されるだけならまだしも死んでしまわれると・・・ 悲しいことですが、今後10年で多くのレジェンドが亡くなっていくのかもしれない・・・と思うと、新年早々縁起が悪いですけど、やっぱ再三言いますが「観れるバンドは観れるうちに」って思っちゃいますね。

そんなこんなで、今年もよろしくお願いします。

スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<気づいたら春フェス。 | 大音量ロック美学論 Ver2 | THE ALFEE/三位一体>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。