トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
THE ALFEE/三位一体
2015-12-27 Sun 21:27
11月25日解禁予定】THE-ALFEE-1223AL_A_S


1・Orionからの招待状

6年ぶりのアルバム冒頭を飾るナンバーとしては相応しいと思います。13年の「Final Wars!」、14年の「英雄の詩」からの系譜、あるいは集大成とも言えるサウンドで、3人のスイッチボーカルを採用したという部分でも、やっぱこのシンセの打ち込みを駆使したスペーシーかつハードな「アルフィー流戦隊モノサウンド」としての完成度は非常に高いと思います。

2・碧空の記憶

幸ちゃんの声がマッチする青春フォークソング。本人たち的にはGAROへのオマージュのようですが、一部ネットではオフコースっぽいとか言われたりしてますが、あの時代のフォークの知識がないので個人的には本当は誰っぽいのか分からなかったのが残念です(;^ω^)AメロBメロはアルフィーっぽくないな(ありそうでないないメロディだな)と思いましたが、サビはあんまり面白くないですね。嫌いじゃないですけど、この手の同系統の楽曲よりかは質は低めだと思います(個人的には)

3・或いはノイシュバンシュタイン城からの伝言

ワルキューレの騎行のような逞しくも神聖的なストリングス(のようなシンセ)から始まる勇ましいナンバーですが、歌メロはマイナーでいいですねェ。このメロディ大好きかも。たかみーの抑えた歌唱もGood。歌詞はGSの作詞者としての草分け的存在の橋本淳氏。これがまたイイ歌詞を書かれていて、たかみーの世界観と完璧に合致しながらも所々たかみーが書く詩では絶対に出てこないようなワードが出てきているのが嬉しいですねェ。熱心なファンの皆様ならなにがたかみーから出てこないワードかは分かると思うので省きますが(;^ω^)

4・G.S I Love You -あの日の君へ-

どうやら過去のG.Sで使われたワードをたくさん詰め込んでるようですが、この曲においてのG.Sはなんの略称として使われてるんでしょうか(解説discで説明あったのかな?)これまたマイナー調の染み入るメロディで嫌いじゃないんですけど、歌詞的には詰め込みすぎてなに言ってんのかわからないなって印象です。

5・Manhattan Blues

個人的には「ロックンロールナイトショー」でジルバにマンボにツイスト&シャウトしてた不良少年が大人になって昔を懐かしんでるような、そんな印象の歌詞なんですが、ジャズですねー。なんだかルパン三世の主題歌になってもいいような雰囲気醸してますし、中間部のスキャット部分なんか結構かっこいいんですけどね。個人的にはあんまりしっくりこないです(。-_-。)

6・無情の愛 X

たかみーソロ直系のメタルですねー。リフがプリーストっぽいです。賢さんとたかみーのスイッチボーカルですけど、この手のパターンは珍しいですね。私もつい1週間ほど前に愛が終わりかけたので、この曲で歌ってることがよーく分かります(笑)

7・恋の花占いⅡ

たかみーソロはノリノリ!な曲ですけど、こっちは渋いというか切実感が半端ないですね(笑)適材適所でボーカルがハマってるので、あんまり悪くはないと思います。

8・One Step ~再始動~

まぁ、ありがちな聴きなれたマラソンソングですねー。あんまりなにも思いませんでした。

9・英雄の詩

オリオンとノイシュバンシュタイン城~あたりに絡めたほうが映えたと思うんですけどね。

10・GLORIOUS

ラストを飾るにふさわしい名曲だとは思いますが、これも碧空の記憶と絡めた曲順だったほうが・・・



~総評~


悪くはないんですよね。まぁ日本が誇るメロディメーカー高見沢俊彦の面目躍如って感じなんですけど、たかみーのギターソロにいいものがなかったのが残念。早弾きは控えて、ライヴでやるであろうキーボードとのツインリードで弾くメロディを重点に置いたって感じなんですかね。しかし、ライブでは<たまにだけど>神がかったソロが降臨するのに、スタジオではてんでいいフレーズが生まれませんねェ。やっぱりインスパイアされるものが違うんでしょうかね。

あとは、ストリングスの音やキーボード、5でのブラス、など打ち込みを使った音の安っぽさはマイナスポイントですねー。まあ昔ほど制作費も潤沢ではないでしょうし、時代性っていうのもあるからしょうがないと思うんですどねェ。やっぱNouvelle Vagueでオーケストラ呼んでた時代と比べると淋しいなぁっていう感じしますけどね。

あとは、作品に対するコンセプトがあるっていう部分に対してはプラスポイントだと思います。ここまでスイッチボーカルを取りれたアルバムってないかったですからね。そういう意味では、アルフィーにしか成し得ない作品だとは思います。ただ、しつこいようですがこの内容で6年は長すぎますね。たかみーを評価してるからこそ言いたいのですが、あの人ならこのくらいの内容なら1年で作れると思うんですけどね。曲はできるけど歌詞ができない、みたいな発言は度々してましたけど、もう半分くらい外注でいいんじゃないかと思いますけどね。3なんか、完全にたかみーワールドですし、「UNCROWNED KINGDOM」みたいな歌詞なんかじゃなきゃ個人的には否定よりも断然肯定派ですけどねー。

そんなこんなで、お気に入りは1、3、6でした。また思いついたことがあったら追記します。

スポンサーサイト

THE ALFEE | コメント:2 | トラックバック:0
<<あけましておめでとうございます。 | 大音量ロック美学論 Ver2 | 三位一体・・・聴き込み中。>>
この記事のコメント
レビュー拝見しました。
歌番組で「G.S. I Love You -あの日の君へ」を見た時は正直「…。」と感じ、ガブリエルさんのレビュー速報に心配しておりました。(諸事情により聴けたのが25日)
碧空の記憶はGAROのオマージュとして本当によくできている曲なのでそこだけはあれですが、似たような感想をもっておりました。
が。実はなんと大阪ファイナルに参戦することができました!!
「恋の花占いⅡ」はライブ映えするわ~。
アルフィーのアルバムは料理で言うところのメニューと写真。
コンサートで実際注文した品が出てきたら、まー豪華、量が多くて美味しい。ガブリエルさんもご承知でしょうが。
春のコンサートが楽しみですね。
良いお年を☆

2015-12-31 Thu 09:58 | URL | ハッカ飴 #-[ 内容変更] | top↑
> ハッカ飴さん
あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします。

恋の花占いⅡ、相当ライヴ映えするようですよね。春の楽しみが増えました。

確かに「SWEET HARD DREAMER」のリテイクを聴いたときは絶望でしたが、この秋に生で聴いたら「言うほど悪くはないかな」って変わりましたね。そういう意味では、やはりライヴこそアルフィーの真骨頂!って感じですね。
2016-01-02 Sat 22:38 | URL | ガブリエル@盛岡 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。