トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
大宮ソニックで盗聴があったらしい。
2015-11-20 Fri 21:56
まあ私も席番まで晒すことねーだろ、って感じですけどね。

アルフィーが好きすぎて「孤独のHERO」にでもなったつもりなんでしょうか。

そもそも、国内のミュージシャンってなんで撮影・録音禁止なんでしょーね。

世界基準で考えれば、外タレなんて撮影は(プロ機材でなければ)ほとんどがOKですし、私が今年参加したモトリークルーのライヴでは、ニッキー・シックス自ら「日本って撮影がダメだって今知ったよ!でも、ここのボスは俺だからこれからは撮りまくってトーキョーの凄さをSNSで世界中に思い知らせてやれ!」なんて言うくらいですから。

私が素晴らしいなーと思うのは、ファンを使ってSNS上でバンド及びツアーを盛り上げてるという点なんですよね。広告費0円ですからね。撮影させればファンが「最高だった!」って動画・音源・画像を使って勝手に宣伝してくれるんですから。

あちらは世界規模ですし、島国レベルで考えれば動画がアップされることで「動画で済んでしまって動員が減る・作品が売れない」ということもなくはないんでしょうが、写真撮影くらいはもういいんじゃないのって気がしますけどね。バラードの最中に写真を撮られたらスマホの明かりが気になって集中出来ない、なんて言われそうですが、そういう旧態然としたモノをぶち壊すのがロックなんじゃないのーって気もしますし。アーティストが「写真なんか撮らずにちゃんと聴いて欲しい」と思うなら、ライヴとCDの違いはあれど「聴かなくてもいいからCD買ってください」なんて口が裂けても言えないでしょう。

なにがなんでも録音はさせない、なんて言うなら、その日の音源を持ち帰れる(販売する)サービスをはじめてもいいんじゃないでしょうか。日本でもどっかのバンドがやってましたよね。私がちょうど一年前に参加したYESのライヴでは私が参加した日のみの音源ではありますが(販売は全公演)ダウンロードクーポンを3500円で販売してましたしね。ワンナイトドリームよろしく、やはり自分が参加した公演の音源が残れば嬉しいですよねー。このやり方ならアーティストの利益にもなりますし。ファンしか買わないライヴアルバムを出すよりかは、こっちのほうがその日初めて参加した人でもライヴの内容が良ければ、終演後には興奮して買ってしまったということもあるでしょうし。さすがにツアー全公演は無理でしょうし、それならば不公平だと言われたら、そもそもCD購入イベントなんてもはや都内開催だけで地方者からすりゃあはなっから不公平じゃねーか!って感じがしますけどね。

いずれ、撮影・録音は禁止ですよと言われた以上、禁止なのですから、今回の件に関しては録音していた人間が悪いんでしょうけど、席番晒してまで断罪する必要もないだろーって感じがしました。


PS


さり気なくライヴRUSHです。10月には陽水@仙台、11月はホワイトスネイク@東京、デフレパード@仙台に参加しておりました。来月のアルフィー@仙台が今年最後になりそーです。それでは、また。

スポンサーサイト

THE ALFEE | コメント:0 | トラックバック:0
<<「三位一体」アルバムカバー&トラックリスト発表。 | 大音量ロック美学論 Ver2 | ニューアルバム発売決定&秋ツアーグッズ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。