トップ画像
SLASH Featuring Myles Kenedy & The Conspirators WORLD ON FIRE JAPAN TOUR 2015@TSUTAYA OA-EAST
2015-02-18 Wed 01:00
Slash-and-Myles-Kennedy.jpg


お前どこにいんのか分かってんのか?

お前ジャングルの中にいるんだぞ!お前死ぬぞ!


行ってきました、スラッシュ。

外タレで泣いたのははじめてです。

思い返せば、8年前の2007年... VELVET REVOLVERの来日公演は横浜と武道館のチケットを持っていたのに、来日直前になって「メンバーの逮捕歴によりビザが発給されなかったため、来日中止」

思い返せば、4年前の2011年... ライヴを5日後に備えた3月11日に震災により東京公演は中止(大阪公演のみ開催)

その後、2013年にオズフェストで来日したものの「単独公演でなければダメだ!」と思い泣く泣く参加せず...

巡り巡って2015年、ようやくスラッシュの姿をこの目に拝めました。

もうね、本当にカッコよかった。

スラッシュ特有のレスポールを縦に構えて弾く姿は、あまりに神々しくて涙ちょちょ切れ。

でも、本当に号泣してしまったのは中盤「WELCOME TO THE JUNGLE」のイントロを弾いたとき。

このバンド編成で数回やってることは知ってたけど、この曲を演奏する位置は大概2曲固定の日替わりなんだけど

このイントロが鳴った瞬間、一緒に行った友人と顔を見合わせて

「え?うそ?ジャングル?」

「え、そうだよね?これジャングルだよね?」

と、数千回は聴いたはずのイントロであるに関わらずその状況をまったく飲み込めなかった。

イントロからあまりにも有名なギターリフをスラッシュが弾いた瞬間

ジャンプしながら何故か大泣き。

嬉しい!とはちょっと違って、悲しい訳もなく。

本当に自然発生的な涙だった。

この曲の先にも、後にもガンズ時代の曲は数曲やってて当然

「スラッシュが弾く」ことによってのカタルシスは十分に得たのだけど

この「WELCOME TO THE JUNGLE」はあまりにも別格すぎた。

この曲が一番好きかと言われれば必ずしもそうではないんだけど

やっぱ、この曲ってガンズファンにとっては特別な曲なんだと思う。

代表曲... という意味でいえば

アルフィーで例えるなら「星空のディスタンス」なのかな。

たかみーのソロで、いきなりデデデーのイントロ弾かれたら「うそ?」ってなるのに似たような感じ。

それも、CDでは数千回聴いてるのにライブでははじめて聴いた... と、なれば、やっぱその瞬間って特別。

そして、その特別な瞬間は一回しかない。

スラッシュからの本当に素晴らしいプレゼントだった。

当然、すべての瞬間が素晴らしかった。

スラッシュ、ありがとう。また日本であいましょう。





その一回しかない特別な瞬間を生々しく撮影してくれて、なおかつyoutubeにあげてくれる神様みたいな人がいた。これアップしてくれた人には感謝してもしきれません。


2015年2月12日(木) 東京:渋谷TSUTAYA O-EAST

  You're a Lie
  Nightrain (Guns N' Roses)
  Standing in the Sun
  Avalon
  Back From Cali
  Shadow Life
  Ghost
  Double Talkin' Jive (Guns N' Roses)
  You Could Be Mine (Guns N’Roses)
  Doctor Alibi (Todd Kerns on vocal)
  Welcome to the Jungle (Guns N' Roses)
  The Dissident
  Too Far Gone
  Rocket Queen (Guns N’Roses)
  Bent to Fly
  World on Fire
  Anastasia
  Sweet Child O' Mine (Guns N’Roses)
  Slither (Velvet Revolver)

  Paradise City (Guns N’Roses)

スポンサーサイト
LIVE REPORT | コメント:2 | トラックバック:0
<<MOTLEY CRUE THE FINAL TOUR IN JAPAN -ALL BAD THINGS MUST COME TO AN END- @さいたまスーパーアリーナ | 大音量ロック美学論 Ver2 | ULI JOHN ROPTH/SCORPIONS REVISITED>>
この記事のコメント
こんばんは、僕は20数年前、東京ドームでGuns 'N' Rosesを観ました。それまで感じたことのない特別な衝撃を受けました。あの頃からGunsは危険な香りだけれど、一度ハマったら止められない! 麻薬のような存在でした。いつ空中分解してもおかしくないな…とは思って彼らの音楽を聴いてましたが、実際今の現状は寂しいですね。できればオリジナルのメンバーでもう一度…とは思ってるんですが、アクセルがいつまでも心入れ替えないから無理かな(笑)。
Slashは相変わらずレスポールを”腰で弾く”のは変わらないな〜。カッコイイですね。
2015-02-19 Thu 22:40 | URL | kengo #-[ 内容変更] | top↑
> kengoさん

ありがとうございます。

ガンズ観られてるんですね。92年か93年ですね。私はアクセルのみのガンズしか観ていないので、やはりスラッシュとダフが同じステージに立っているのを目撃されているというのは羨ましいです。

今回のスラッシュを観て、イジー以外のオリメンは全員観たことになりますが、私が感じたのはアクセル、スラッシュ、ダフに関しては周りの環境やバンド内が充実しており再結成する必要もないなという感じですね。特に今回のスラッシュは自前の曲もウケる、ガンズの曲もウケるという理想的な状態だと感じました。イジーは、たまに気が向いたらガンズのステージ出て、気が向いたらアルバム作ろー、でも、しがらみは面倒だから配信限定というセミリタイア状態ですし、アドラーは、、、、、ダメですね。

とりあえず、早いうちにまたガンズのメンバー来てくれないかなーと思っております。。。
2015-02-21 Sat 00:00 | URL | ガブリエル@盛岡 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |