トップ画像
THE ALFEE AUBE 2007 天河の舟@仙台サンプラザホール
2007-11-25 Sun 00:00
こないだの金曜日は、アルフィーのライヴで仙台まで行って参りました。
本来であれば、この秋ツアーは11月28日の神奈川県民ホール公演に行く予定だったのですが、VELVET REVOLVERの来日公演がすべて中止となってしまい、泣く泣く東京・横浜行きを諦め、急遽仙台に参加したというわけでございます。

この会場は、もう何度も行っているので「新鮮」な感じは全くしないものの、あぁ今回も仙台でアルフィーが観れるという「安心感」みたいなものはあるんですよね。というわけで、今回も開演30分前くらいに会場入りをし、客席周辺や流れているBGMに耳を傾けていると・・・ASIAの「Heat Of Moment」やQUEENの「Killer Queen」が流れておりました。素晴らしい選曲だな~!なんて思っていたところで、1ベルが鳴り、間もなく開演の合図です。



alfee



会場内が暗転し、オペラのようなコーラスと宗教楽的なオルガンのSEが流れる中、ステージ上の黒い幕に紫のライトが模様を映しだします。SEの終わりと共に、徐々に幕が上へと昇って行き、ステージには仁王立ちした3人の姿が・・・!!会場内が悲鳴にも似た歓声で包まれた瞬間ウィンウィ~~~~ン!!と、けたたましいドリル音が高見沢のギターから炸裂。この瞬間1曲目の始まりです。


1・JOURNEY

ドリル奏法を用いる、この曲を頭に持ってきたってことはVAN HALEN再結成にかなり刺激をうけてるなぁ~とニヤリ。ポール・ロジャースを迎えてQUEENが再結成した時も、そんな感じだったし♪

2・AMERICAN DREAM

この曲のギターアレンジはめちゃめちゃカッコよかったなぁ。
個人的には「恋の炎」より毎回この曲をやって欲しかったり^^;

3・Good Times Boogie

この曲はライヴで初めて聴きましたよ~。てゆーか、ツアーでやるのは9年ぶりくらいじゃないでしょうか???そうじゃなくとも、8年ぶりくらいだと思うんですけどね。

(MC)

4・ロンリーガールを抱きしめて

5・Juliet

6・I Love You

「僕らは気がつけば~」の部分は、ドラムカウントのみのVer。
もう、このパターンでしかやらないんですかね?個人的にはこっちの方が好き♪

7・星空のディスタンス

(MC)

幸ちゃんのMC。初代アルフィーが何とかと仰って、500年後には29代目桜井賢が活躍してるんじゃないですかねと(笑)Deep Purpleは何代目か知らないけど、原型を留めてないとも仰ってましたね。

8・Jorneyman

9・悲しみの雨が降る

超~好きな曲ではないんですが、11月に入ってから雨が多いので季節的にぴったりだなぁと思ってしまいました♪

10・DNA Oddsey

(MC)

11・エルドラド

ここで、たかみーのギターはSGのダブルネック登場。こりゃあZepp再結成に刺激をうけてるなぁ・・・って再結成ばっかですな。この人はジミー・ペイジにモロ影響を受けているので、ダブルネック姿にはうっとりしてしまいました・・・(汗)

12・Arcadia

13・運命の轍 宿命の扉

14・100億のLove Story

この曲のラストの部分の照明はスゴイです。何もないはずの空間にまで、星空のような照明(LEDライト)が現れてきます。とても立体的で、本当に星空の中にいるような感じでした。そして、最後には流れ星がキラーンと流れます♪

15・天河の舟

この曲のラストで、会場が明るくなった瞬間に「星空」のトリックを発見。ステージ上空から、LEDライトがついた紐のようなモノが沢山落ちてきてたんだと思います。俺が観た時には、それがすーっと上がって行きました。

16・ラジカル・ティーンエイジャー


EN1

17・Flower Revolution

18・恋人になりたい

19・ふたりだけの夜

正直BEAT BOYSは飽きた・・・。確かにバンド演奏では初!とかなのかもしれないけれど、それならもっとお宝ソングがアルフィーにはあるでしょ~と思ってみたり。

20・絶叫!ジャンピング・グルーピー

この曲はひさびさ。アンケートは「男だけ」「今、辛い人」「今日アルフィーのライヴを観たから、明日から頑張れる人」でした♪

21・SWEAT & TEARS

3人リレーVer。最近これも多いよなぁ。個人的にはたかみーオンリーの方が好きなんだけどなぁ(終盤に差し掛かり、愚痴が多くなる;)


EN2

「明日の為にこの曲を・・・」と、たかみーが一言だけ言って

22・Going My Way

(MC)

23・Pride

賢ボーカル曲で終わるツアーは、05春以来かな?
素直に、この曲には感動。。。


最後はピックばら撒きながら退場。最後にたかみーの投げキッス。


セットリストは近年のツアーとほとんど変わらず、いつも演奏している曲と大差がなく「マンネリ感」は相変わらず(?)でしたが、何にせよ今回は照明がめちゃめちゃ凄かったですね。床にまでLEDライトが埋め尽くされており、1階じゃなくて良かった~と思いました(この会場は半円型のホールなので、1階席にはほとんど段差がないのです)
やはり全体を見渡したり、照明効果を存分に味わうには後ろの席がいいですね♪まさに光と音のファンタジーという感じがしました。そりゃあ、フロイドの照明を目指してるくらいのモノはあるし、演出、ステージングはやはり一流だと改めて感じました★
スポンサーサイト

LIVE REPORT | コメント:0 | トラックバック:0
<<~2007年ライヴ総括~ | 大音量ロック美学論 Ver2 | 高見沢俊彦 Kaleidoscope ~天使の狂宴~ @Zepp Sendai>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |