トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
YES JAPAN TOUR 2014@東京ドームシティホール
2014-12-02 Tue 00:47
YES-2014-by-Rob-Shanahan-Hi-Res.jpg

3デイズの3日目に参加してきました。

今回は高見沢青年(当時)原宿のDJストーンで天井一面のスピーカーから流れてくる、このアルバムを聴いて衝撃をうけた... というエピソードがある、イエスの名盤「危機」の完全再現ライヴということでですね。私も高校二年のときに、たかみーの言葉を受けてこのアルバムを聴いたのですが、まあ衝撃的でしたね。この「危機」の録音に参加しているメンバーは現状ギターのスティーヴ・ハウとベースのクリス・スクワイアのみですが、これ逃したらもうないですからね。

そしてまぁ、お客の年齢層の高いこと高いこと。まぁ、たかみー世代ですよね。仕事帰りの中間管理職... 的な方が非常に多かったですね。ちなみに2日目の公演には元メジャーリーガーのランディ・ジョンソンがきてたようですよ。

そして、このドームシティ最終日の目玉と言ったら「この日のライヴ音源が翌日にはDL出来る」というパッケージですね。まあ3500円出さなきゃいけないんですが。ということで、当日の余韻に浸りながら書いていきます。

ってことで、定刻ちょい過ぎくらいに場内暗転。ステージ上には学校の視聴覚室にあるようなモニター。ここにファニーなSEと共に、イエスの歴代アルバムが次々と映し出されメンバーの若かりし頃から現代までの様々なライヴ写真が映し出され「YES」のロゴと共に「危機」の河のせせらぎや小鳥の鳴き声が聞こえてくるイントロに場内は大声援。そしてメンバーが登場し私も悶絶。座席が6列目の左側だったので、ハウ爺さんが目前に!もう涙ちょちょ切れです。

1.Close To The Edge

イントロのぐにゃぐにゃしたギターは往年の感じではなく、多少崩して弾いてるハウ爺ですが、まぁ歳を考えれば仕方ないでしょう。

ライブ盤「イエスソングス」に比べると初っ端の「アー」というコーラスも腑抜けた感じがあり、ジョン・デイヴィンソンのボーカルがちょっと弱いかもなんて思いながら聴いてました。ただ、ハウ爺を含め演奏陣は基本的には磐石だったと思います。ところで....

can-stock-photo_csp11664697.jpg

曲中はこんな映像が流れ続けてあれ、新興宗教のセミナーに来ちゃったかな?と終始感じておりました。そんな映像の中、ジョン・デイヴィンソンは胸元で拝んでみたり両手を広げて飛ぶような仕草をしてみたり、見た目通りやばい人だなと。笑

2.And You And I

この曲でのジョン・デイヴィンソンの声はジョン・アンダーソンとまったく同じといっても過言でないくらいそっくりでしたね。ハウ爺のどこまでも続いてくかのようなスチール・ギターのスライドはもうこのまま天国まで連れてかれるんじゃないかというくらいのびきっておりました。素晴らしいの一言。

3.Siberian Khatru

この曲でのハウ爺は崩して弾いてないんですが、イントロの部分は指がほとんどおっついいてなかったですね(T_T)サビの部分もかなりスローダウンしてましたね。まぁ、でもいいんです。しょうがないんです。

~MC:クリス・スクワイア~

コンバンハトキオー!危機のアルバムを3日やってるぜ!みたいな感じでした。

4.Believe Again

ここで新作から。新作は全体的に脳内お花畑全開な曲調のが多いんですが、これもご他聞に漏れず。あまりにもお花畑、あるいはヘブン状態過ぎてウトウトしちゃいましたよ。

~MC:ジョン・デイヴィンソン

この人喋り方がものすごい柔らかい喋り方でね、かわいいんですよ。人柄が滲み出てるというか。この人絶対優しいだろーなあみたいな。

5.The Game

えっと、この曲もヘブン状態で、あまりにも気持ちよくなって寝てしまいました。ハウ爺、目の前で寝てごめんなさい。

~MC:スティーヴ・ハウ~

初めて声聞いたけど結構渋い声してましたね。

6.Roundabaout

ここからが「危機」の前作にあたる「こわれもの」の完全再現パートにはいっていきます。4枚目のオリジナルアルバムですが、このアルバムで完全にイエスの作風が完成されたエポックメイキング的な作品で、いわゆる「危機」と双璧を成す代表作でございます。ハウ爺がイントロのギターを弾いた瞬間、さっきまでの眠気はどこへやら鳥肌全開でハウ爺とクリスを交互に見続けてましたね。演奏面においても、全員ほぼ完璧だったといいでしょう。

7.Cans And Brahms

リック・ウェイクマンのソロ作ですが、ちょっと録音されたモノも使ってたような... この時のジェフ・ダウンズは終始ステージに背を向けて演奏(そういうキーボードのセッティング)

8.We have heaven

延々と流れ続けるコーラスをバックに朗々と歌い上げる曲ですが、コーラス部分でハウ爺とクリスは歌ってましたが、いまダウンロード音源を聴いてますが、どうにもコーラスパートはハウ爺とクリスではないと思われる... テープを再生していてオフマイクで口ずさんでいたのかな。

9.South side of the sky

この曲でのジョン・デイヴィンソンの声も、ちょっとアンダーソンには程遠い印象を感じました。ジェフ・ダウンズのための効いたキーボードは素晴らしかったですねえ。

10.Five percent for nothing

これまた難解な曲ですが1分にも満たない曲なので...

11.Long distance runaround

イントロで悶絶(´д⊂)完璧だーCDとおんなじ。

12.The fish

クリスの見せ所キタ━(゚∀゚)━!ほぼ真ん中からハウ爺側には来なかったですが、この曲では少しだけこっち来てくれました。ベースがビンビン歌ってるー。最高!このベースこそがイエスの真髄じゃーと感極まりながら観てました。

13.Mood for a day

そしてハウ爺の定位置に椅子がセッティングされ、ハウ爺のみによるソロコーナー。これも素晴らしいε=(・д・`*)ハァ... 客席にどうだい?みたいな感じで話しかけるような素振りを見せたり意外にお茶目さん。

14.Heart Of sunrise

「こわれもの」のラストパート。もうこの時点では感極まりすぎてなにもかもが素晴らしいとしか思えないトリップ状態でしたが、ラスト、ブレイクの瞬間にハウ爺がぴしっ!と客席を指差して暗転した瞬間が超絶カッコよかったなあ。

そして、中途半端にスタンディングオベーション。笑 これが日本人の悪いとこ。笑

EN1

15.I've seen all good people

コーラスが美しかったなあ。あんまりにも美しすぎて、今聴いてても泣けてくる。

~MC~ クリス

今夜の音源はダウンロード出来るからチェックしてくれよ!

そして、アラン・ホワイトがドラムカウントをはじめる。ジョン・デイヴィンソンとクリス、ノーノー!と止める。ハウ爺ちらっとドラムの方を見る。仕切り直しのカウントを待たずに、勝手にイントロを弾きだす!デーデデデーデデ!

16.Owner of a lonely heart

たぶん、アラン・ホワイトが叩いたイントロはスターシップ・トゥルーパー。いやー、ハウ爺の唯我独尊ぶりが尋常でなくカッコよかった(T_T)見た目は完全に死神博士だけど


全体の感想としては、ほぼケチのつけようがない素晴らしいライヴでしたね。ジョン・デイヴィンソンはところどころ、アンダーソンぽくない場面もありましたが、それでも再現度は高かったですし。これが間違いなく今年最高です。私の友人二名も感動しすぎてNHKホール公演追加で参加してましたねー。うらやまし。

唯一悔いが残るのは、今回チケット代に別途3万円でメンバーと写真が撮れるミーグリがあったのですが、当初はサインはNGだったのでスルーしたら、ツアー初日にサインOKに変更になったようです(T ^ T)最初からサインOKなら間違いなく3万払ってでも行ったんだけどなー。

と、かなり後悔したので、今後後悔のないようにと来年2月に来日決定したキッスのVIP申込みました...

お値段137500円... うェ... ちょっと吐きそうな金額。まぁ、でもあとから行っておけばと後悔しても遅いですし、メイクしてるキッスのメンバーと写真が撮れるチャンスはこれしかないですからねェ。まあ落選したらしたでホッとするんでしょうが。笑

話がそれましたが、とにかく素晴らしいライヴでネット上でも絶賛の嵐ですね。次はこのメンツならではの「ドラマ」完全再現で来日して欲しいけど、ファンには人気のないアルバムだし厳しいかなあ。でも!次にまた来日が決定したらなにがなんでも、また行きたいと思います。

スポンサーサイト

LIVE REPORT | コメント:1 | トラックバック:0
<<THE ALFEE 40th Anniversary 2014 GENESISⅡ@仙台サンプラザホール | 大音量ロック美学論 Ver2 | THE ALFEE 40th Aniversary 2014 GENESISⅡ@神奈川県民ホール>>
この記事のコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014-12-05 Fri 21:49 | | #[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。