トップ画像
04年~14年オーラス曲についての考察。
2014-07-09 Wed 02:46
まぁ考察ってほどでもありませんが、前回の記事でオーラスについて多々思うことがあったので、ここ10年のツアーのオーラスの曲を個人的な感想も踏まえて振り返ってみようというコーナーです。

まずは、2004年。

Travelin' Band Tour

春:哀しみの泉 (SWEAT&TEARS、See You Again、ラジカルティーンエイジャー)

カッコ内は日替わりやスペシャルsetでございます。映像になっているツアーなので、今でも聴きかえすことが容易ですが、このツアーの「哀しみの泉」は微アレンジが施されていて個人的には原曲より好きでしたね。是非このアレンジで音源を出してほしいモノです.....

秋:君に逢ったのはいつだろう (ラジカルティーンエイジャー、終わりなきメッセージ、SWEAT&TEARS)

秋もバラードが基本オーラスで、春同様に微アレンジでした。ギターを持たずマイクスタンドを使って歌う... という画があんまり好きではありません(笑)春秋通して30周年という意味合いは感じさせないオーラスでした。


STARTING OVER Tour

春:いつも君がいた (Pride、夢よ急げ、See You Again)

アコースティックverの「いつも君がいた」でしたね。僕は福岡2デイズに参加しているのですが、両日ともにオーラスは同じ。中盤以降「Pride」がリストに加えられて、何故福岡の2日目をそうしなかったんだ!と憤おった記憶があります(笑)

秋:A Last Song、Rockdom (夜明けのLanding Bahn、ラジカルティーンエイジャー、TIME AND TIDE、誓いの明日、Since1982、See You Again、Long Way To Freedom、終わりなきメッセージ)

基本線はカッコ外の2曲で、その他関東圏の会場をメインに日替わり構成のツアーでした。ツアーに何本も参加できる方には「今日はなにが飛び出すか」と期待できますが、地方住まいの僕にとっては「目当ての曲が演奏されるか」とドキドキのオーラスでした。盛岡のみの参加でしたがA Last Songが演奏され、翌日の仙台ではRockdom。。。何故仙台も参加しなかったんだと後悔した記憶がありますね。。。


ONE Tour

春:SWEAT&TEARS (過ぎ去りし日々)

事前告知はされていませんでしたが、この年は夏イベが一時休止の年であり、振り返って思うとそういう背景もあってかファイナルの名古屋以外はすべてこの曲でぶっち切りましたね。通常ツアーは2デイズ公演だろうと、同一エリア内であろうと1曲で押し通す... アルフィーの中では珍しいツアーだったかもしれません。

秋:至上の愛 (ラジカルティーンエイジャー)

そして、アリーナツアーがある秋は春に比べて当然のことながらスペシャルset登場の可能性が高いツアーになりますが、なんとこのツアーもファイナル以外は「至上の愛」の1曲のみ。ほぼオーラスが変更されるクリスマス武道館ですら、この曲が選択されています。基本的にアルフィーのツアーは選曲ありきのツアーではなく、ツアータイトルありきの選曲が多いことがほとんどな気がするのですが、ONEというツアータイトルをつけたことでオーラスも1曲のみという意図があったのかもしれませんね。


春の嵐Tour/天河の舟Tour

春:See You Again (夜明けのLandng Bahn、ラジカルティーンエイジャー、SWEAT&TEARS)

ツアー中にたかみーの父上が亡くなられたツアーで、オーラスがこの曲。。。単なる偶然なんでしょうが、なんとも感慨深い気持ちになったことを覚えています。

秋:Pride (Rockdom、孤独の美学)

クリスマス武道館とファイナル以外の公演はすべて「Pride」でした。これはONE Tourとは趣旨が違うような気がして、オーラス前が「Going My Way」のアコースティックアレンジだったことを踏まえて、変えたくないというというよりは変える余地がなかったという意味合いが強いように感じます。ファイナル時点で翌年のツアータイトルが「RENAISANCE」ということがは発表されており、同名のアルバムの象徴的な曲である「孤独の美学」をファイナルのオーラスに選択という構成は個人的に大好きですね。また、基本的にオーラス用の曲でない曲を選択する感じも好きです。


RENAISSANCE Tour

春:Always (ラジカルティーンエイジャー、TIME AND TIDE、A.D.1999)

演奏されること自体10数年ぶりという... 様式美満載のバラードなのでツアータあイトルに相応しいオーラスでしたね。NHK二日目とファイナルはアンコールが3回ある可能性の高い公演なので、ほぼ曲が変わると思って問題ない公演ですが、、通常ツアーではかなけんのみ「TIME AND TIDE」に変更。これはこれで羨ましかったですね。仙台と大宮に参加しましたが、大宮でなくかなけんに参加すればよかった!と思った記憶があります。。。

秋:A Last Song (終わりなきメッセージ、See You Again)

まぁ正直安易な選曲だなーと(^_^;)このツアー自体、個人的にここ10年の中で最も「微妙」なツアーであり印象に残ってないっていうのが正直なところです。。。


CONFIDENCE Tour/My Truth Tour

春:桜の実の熟する時 (夜明けのLanding Bahn)

ツアー開始時点ではリリースされていない新曲がオーラスでした。ファイナル以外はこの曲で統一。個人的に新曲がオーラスという構成は「現役感」があって結構好きです。いわゆる80年代の名曲で締める構成も嫌いではないのですが、穿った見方をすると懐メロ万歳になりかねないので。

秋:この愛を捧げて (至上の愛、Flower Revolution)

このツアーもクリスマス武道館とファイナル以外は新曲である「この愛を捧げて」がオーラスに選択されていました。ツアー7公演目である国際フォーラムまでは、MCでの説明もなく、目玉であった大型LEDスクリーンでのヤマトの映像もなかったようなので、この公演以前に参加されてそれ以降参加できなかった方は結構かわいそうです。。。ネタバレを読んで、こりゃあオーラスはスクリーンに釘付けだ!と思って仙台に参加したら、スクリーンがまったく見えない端っこの席だったので、空席の最後列に移って参加しました。。。



つづく



スポンサーサイト

THE ALFEE | コメント:3 | トラックバック:0
<<40年目の夏:セットリストを見て思うこと | 大音量ロック美学論 Ver2 | AGR2が微妙な原因を分析?!>>
この記事のコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014-07-09 Wed 14:36 | | #[ 内容変更] | top↑
このコメントは管理者の承認待ちです
2014-07-27 Sun 06:35 | | #[ 内容変更] | top↑
> ロビンさん

おひさしぶりです!
私は幸か不幸か不参加でした(ーー;)アイランドギャラリーいいですねぇ。今となっては夏イベよりもそっちに行きたいってのが本音です(通販でミレニアムカーニバルの写真を買おうか迷ってます)
ロビンさんの夏イベ感想聞かせてもらえると嬉しいです^^
2014-07-28 Mon 02:06 | URL | ガブリエル@盛岡 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |