トップ画像
ASKA逮捕について思うこと。
2014-05-23 Fri 02:19
結構好きなんですどねー。

邦楽ではアルフィーと共によく聴くミュージシャンのひとりです。個人的には、覚醒剤やろうがどうでもいいですね。覚醒剤をやっていたことが悲しいというよりは、覚醒剤をやっていたことによって活動が出来なくなり新曲が恐らくは数年間聴けなくなることが悲しいですねぇ.....

それにしても、日々の報道を観ているとなんだかな~という感じがしますね。特にASKAと親交があるわけではなかろう芸能人やミュージシャンが「薬物はいかん!」とか、テリー伊藤に関しては「ドラッグで作った曲なんて感動できない」って言ってましたけど、こいつら正気かよと。

例えばポール・マッカートニーもドラッグの影響で作られた曲があると公言していますし、ジョンレノンもビートルズ解散時は重度の薬物中毒でした。今、報道されているような芸能界の大物と呼ばれる人間たちのコメントをジョンレノンに照らし合わればイマジンもなにもあったもんじゃないと思いますが、彼らはそうは言わないでしょう。

外国人ならカッコよくて(許されて)、日本人がやれば総叩き。

これが理解出来ませんねぇ。僕の好きなミュージシャンはドラッグの王様と呼ばれるヘロインばっかり吸ってる人たちばかりなので、覚醒剤くらいギャーギャーうるさいな... としか思えないんですよねぇ。

まぁ、そうは言ってもこの日本という国では覚醒剤ひとつで社会通念上執行猶予がつこうが実刑になって刑期を終えて出所しようが風当たりが冷たい国なので、この国で活動する以上は断ち切ってまた復活してほしいなという感じですね。




スポンサーサイト

Do The Talking! | コメント:10 | トラックバック:0
<<ASKA逮捕について。 -つづき- | 大音量ロック美学論 Ver2 | AGR2収録曲確定!>>
この記事のコメント
お前もシャブ中か?
まぁ〜お前の場合、元々イカレテルけどなw
2014-05-23 Fri 19:45 | URL | くそアルフィー@盛岡 #-[ 内容変更] | top↑
薬物肯定ってことですか、貴方は?
アーティストにとっては必要悪ってことですか?
アルフィーのメンバーが薬物に手を出して同じような扱いをされても貴方はこの記事と同じ意見で文章を書かれるのでしょうか?
薬物はいけないものだと私は思いますし、それを肯定する意見を堂々とブログにアップする貴方の人間性を本当に疑います。
最低ですね。
2014-05-23 Fri 23:02 | URL | クリス #-[ 内容変更] | top↑
そうですよねー
薬物と作品のクォリティは別物なんですけどねー
勿論薬物はダメなわけで、視聴率が必要な情報番組は薬物について叩くのは当たり前なんですが、薬物の罪と使用者への悪影響、社会的制裁と評価がどうなってしまうのかという事に、青少年のためにも、焦点を当てて欲しいものですねー
2014-05-24 Sat 00:07 | URL | lock172 #-[ 内容変更] | top↑
>クリスさん

薬物肯定はしていませんよ。必要悪なのかという件ですが、それについては100%そうだとは言えないけど、逆に100%そうじゃないとも言い切れませんね。クリスさんが音楽についてどれほどの見識をお持ちか知りませんが、僕はミュージシャンがドラッグをやっていたから生まれた名曲・名盤をいくつも知っています。有名所で言えばビートルズのDay Tripperですが、あれはポール自身もアシッドの影響で生まれた曲だと公言しています。

テリー伊藤のような発言をこの曲に照らし合わせれば、Day Tripperはなんの価値もない曲になります。しかしながら僕はそのエピソードを聴いてもDay Tripperは変わらず名曲であると思います。クリスさんはいかがですか?Day Tripperをもう二度と聴く気がしないと思うでしょうか。薬物を使って書いた曲がなんの価値もないとすれば、ビートルズやストーンズをはじめとして洋楽なんてほとんど価値のないモノになりますよ。

いろいろなワイドショーで多くの人が「ASAKAさんには反省してもらいたい」というコメントをしていますが、ポールに過去にドラッグをしていたことを反省して欲しいと言う人はひとりもいないでしょう。その在り方に疑問を感じるのです。外国人のミュージシャンに纏わるドラッグのエピソードは一般的に「ロックでカッコイイ」とされています。そういう人間に心酔している人間が、ASKAを批判することはちょっとお門違いだろと。

蛇足かもしれませんが、今回一番まともなコメントをしたのは内田裕也だと思います。
2014-05-24 Sat 02:19 | URL | ガブリエル@盛岡 #-[ 内容変更] | top↑
> lock172さん

ドラッグをしたことのない人間にドラッグはいかん!と言われても青少年はピンとこないでしょう。僕の好きなニッキー・シックスというミュージシャンはヘロイン中毒時代につけていた日記を本にし、ドラッグがいかに身を滅ぼすかを切実に訴えかけています。この本の売り上げは全額チャリティに寄付していますが、ASKAも実体験者であるからこそ語れる何かを世に今後訴えて欲しいと思いますね。
2014-05-24 Sat 02:25 | URL | ガブリエル@盛岡 #-[ 内容変更] | top↑
コメントありがとうございます。
ASKAが今後復活することを僕も望んでいます。

>いろいろなワイドショーで多くの人が「ASAKAさんには反省してもらいたい」というコメントをしていますが、ポールに過去にドラッグをしていたことを反省して欲しいと言う人はひとりもいないでしょう。その在り方に疑問を感じるのです。外国人のミュージシャンに纏わるドラッグのエピソードは一般的に「ロックでカッコイイ」とされています。そういう人間に心酔している人間が、ASKAを批判することはちょっとお門違いだろと。

同感です。
2014-05-24 Sat 12:41 | URL | lock172 #-[ 内容変更] | top↑
このコメントは管理者の承認待ちです
2014-05-24 Sat 19:24 | | #[ 内容変更] | top↑
どうしてポールの件にそこまで突っかかるのかよく分かりません。ポールだって当時は相当叩かれてたはずですよ。もちろん日本のマスコミからも。たとえば、これから時間が経って、ASKAさんが活動を再開して、マスコミが薬物の件に何も触れなかったらあなたは叩くのですか?
2014-05-25 Sun 22:35 | URL | #-[ 内容変更] | top↑
>lock172さん

ありがとうございます。ASKAの才能はここで葬りされるほど安いものではないと思っているので、時間がかかったとしても必ず復帰してほしいですね。
2014-05-26 Mon 11:27 | URL | ガブリエル@盛岡 #-[ 内容変更] | top↑
>名無しさん

ポールにこだわってるわけではないですよ。ロック史上最大のジャンキーとされたニッキー・シックスでも構いませんが、知名度では劣りますし、名前すら聞いたことのないミュージシャンの名を挙げても実感が沸かないだろうなと思いポールを引き合いに出してるだけです。

僕が言いたいのはドラッグを使用していた所持していたことの罪悪ではなく、ドラッグを使用していたからといって今まで作った曲の価値が損なわれることはないということです。コメント欄にてビートルズの「Day Tripper」を引用していますが、これも別段ビートルズでなくてもエアロスミスの「Back In The Saddle」でもモトリークルーの「Kickstart My Heart」でもなんでも構いません。これらはドラッグにより生み出された名曲ですが、一般的ではないのでビートルズを引用しているだけですよ。
2014-05-26 Mon 11:42 | URL | ガブリエル@盛岡 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |