トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
氷室京介 25th Anniversary Tour GREATEST ANTHOLOGY NAKED@盛岡市民文化ホール
2014-04-30 Wed 04:21
b9b97d4b328c572fe80e1ec6f65cda74.png

逆戻り浮気考。
















行ってきましたー。

氷室は2011年以来2度目の参加!会場は前回と同じく盛岡市民文化ホール。3年ぶりの盛岡公演ですねー。前回は来盛直後に震災... その後、6月にBOOWYのみの楽曲で構成されるチャリテイライヴを東京ドームで2日間開催... 11万人動員もチケットは秒殺で完売... ってのはまだ記憶に新しいところですね。

そして、今回のツアーは3月11日、仙台サンプラザホールでチャリティライヴを開催して、その後一旦仕切りなおして市川市文化会館より開催されているということで... こりゃあなんとしてでも行かなきゃならんだろーと思ったらヤフオクで結構あっさりチケットGET出来ました(^_^;)まぁ、席は3階6列という後ろから2番目の席でしたがド真ん中だったのでわりかし見やすかったですねー。

例年基本的にアルフィー以外のドメスティックバンドは観に行かないので、こういう時って「浮気相手の部屋にあがる気分」なんですよ。なんて言ったらいいんですかね、彼女の部屋ならどこになにがあるとか分かる大体分かるじゃないですか。アルフィーの場合、こういう曲順で、こういう演出・照明で... っていうのはもう体が覚えてますけど、数年に一回しか観ないとなるとそうは行きませんからねー。どういうステージセットなんだろとか... やっぱ普段アルフィーでは感じ得ないドキドキ感はありますよね。

今回まずすごいと思ったのはステージセットと照明ですねー。ステージ上空とサイドに不規則に鉄骨が組んであって、ステージ奥には


))))))


こんな感じで湾曲したモニターが設置されてまして。この部分は今年のアルフィーのツアーの映像が流れるモノと似たような感じのモノでした。なのでモニター自体はさして新鮮味があるものではありませんでしたけど、不規則に組んである鉄骨がすごかったですねー。ラインにLEDが設置されていて、矢のようにビュンビュン照明が駆け抜けてくのがすごかったなー。アルフィーだと2011年の春ツアーに組んでいたような照明でしたね。基本的にステージセットって左右対称であるべきものだと思ってましたけど、そうじゃないのにあそこまで美しいことに驚き。それと、個人的に結構驚いたのはバラードを除いたほとんどの曲では、1曲の中で7色全部使うんですよねー。アルフィーの場合だと曲ごとにだいたい3~4色程度で収められてますけど、そうじゃなかったですね。なのでステージがとてもカラフルに映えていましたねぇ... あとアルフィーは基本的にステージに向かった、いわゆる内向きな照明が基本ですけど、今回の氷室の照明は内向きの照明と客席に向けた外向きの照明が交互にやってくるような感じでカッコよかったですね。どっちがイイ悪いではなく、個人的にはとても新鮮な照明でした。


氷室がボーカリストとして完璧であることはもうみんな知ってるので、あえて歌が良かったとかは書きません(笑)面白かったのはMCで「ちょうど去年の3月11日、ちょっとファンキーな奴が俺の実家に火つけやがってよ...」と自嘲していた部分ですね。「まぁ別にたいした家じゃないからいいんだけどよ... でも、エレベーターつけてやったんだけどな... まぁ、それくらいはな!笑」と面白おかしく語ってましたね(日付が日付なので当然、このあと真面目な話にスライドします)


いやー、それにしてもいいライヴだった。青森で追加公演あるようなのでチケット取れたら行こうかな... と、思わせるほど素晴らしいライヴだった!!!




01. BANG THE BEAT
02. Doppelganger
03. PARACHUTE
04. WILD AT NIGHT
05. Girls Be Glamourous
06. COOL
07. CALLING
08. たどりついたらいつも雨ふり
09. TRUE BELIEVER
10. IF YOU WANT
11. 魂を抱いてくれ
12. STRANGER
13. One Life
14. IN THE NUDE~Even not in the mood~
15. Warriors
16. Weekend Shuffle
17. LOVE&GAME
18. Drive
19. WILD ROMANCE

~Encore 1~
20. North of Eden
21. THE SUN ALSO RISES
22. KISS ME

~Encore 2~
23. JEALOUSYを眠らせて
24. SUMMER GAME
25. ANGEL



スポンサーサイト
LIVE REPORT | コメント:1 | トラックバック:0
<<CDの売り方、チケットの売り方。 | 大音量ロック美学論 Ver2 | アルフィー秋ツアー東北日程。>>
この記事のコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014-04-30 Wed 05:24 | | #[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。