トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
Jeff Beck Japan Tour 2014@岩手県民会館
2014-04-21 Mon 00:15
75350468_119.jpg


アルフィーより後になってしまいましたが、ちょうど一週間前!孤高のマエストロ、ジェフベックを観てまいりました~。会場はかつてリンゴスターやモトリークルーがプレイした会場で知られる(?)岩手県民会館でした。会場は違いますが、ヴァンヘイレンやミスタービッグ、イングヴェイなんかも盛岡来てるし東北の中じゃ仙台に次いで何気に来てるんですよねー。

今回の公演、主催はIBCという地元のTBS系のテレビ局... というのも昨年、ジェフ・ベックと同じくグラミー賞を数度受賞しているラリー・カールトンを招聘して、それが成功して味を占めたのでしょう(笑)そんな話はさておき。会場内はさすがに年齢層が高かったですね~現ギターキッズは皆無に等しく、元ギターキッズが多勢。まぁジェフ・ベックの年齢を考えたらそれもそうなんですがね。。。



1.Loaded
2. Nine
3. Little Wing (The Jimi Hendrix Experience cover)
4. You Know You Know
5. Hammerhead
6. Angel (Footsteps)
7. Stratus (Billy Cobham cover)
8. Yemin
9. Where Were You
10. The Pump
11. Goodbye Pork Pie Hat (Charles Mingus cover)
12. Brush with the Blues
13. You Never Know
14. Danny Boy (Ernestine Schumann-Heink cover)
15. Blue Wind
16. Led Boots
17. Corpus Christi Carol (Jeff Buckley cover)
18. Big Block
19. A Day in the Life (The Beatles cover)

Encore:

20. Rollin' and Tumblin' (Hambone Willie Newbern cover)
21. Cause We've Ended as Lovers



来日直前にリリースされた「YOSOGAI」からの新曲でスタートしたショーでしたが、1曲目はまさかのテレキャスという(笑)ちょっと拍子抜けでしたけど、まぁ存在感がありあり。ほぼ予備知識がなくほとんどが知らない曲でしたが、15・16の「Wired」からの2連発は感動しましたねー。盛岡以降は「Blue Wind」が外されたようなので、ギリギリ聴けてよかったー。

キース・リチャーズのように一挙手一投足がカッコイイという感じはしませんでしたが「音」に関しては、この人だけですね。時にピアノのようであったり、時にヴァイオリンのようであったり、とにかくエレクトリックギターという概念を感じさせない素晴らしい演奏でした。

余談ですが、翌日盛岡駅で張ってると御一行が現れました。「Blow By Blow」のレコードを持参していたので、ジェフにサインをお願いしたのですが、発車時刻の2分前に改札に現れたので残念ながら断られてしまいました(。-_-。)が、しかし!最後「See ya Jeff!」と声をかけると手を振りながらグッと拳を握ってくれました。うーん、感動( ;∀;) ホテルで遭遇した人はサインをもらえたようなので時間さえあればなー... と思うと悔しさも残りますが、一瞬でも近づけて自分だけに手を振ってくれたと思うと、まぁ思い残すことはないかなと。

そんなジェフ・ベック盛岡公演でした....!!

スポンサーサイト

LIVE REPORT | コメント:0 | トラックバック:0
<<アルフィー秋ツアー東北日程。 | 大音量ロック美学論 Ver2 | THE ALFEE 40th Anniversary GENESIS@仙台サンプラザホール>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。