トップ画像
THE ALFEE 40th Anniversary GENESIS@仙台サンプラザホール
2014-04-20 Sun 01:54
alfee


創世記は青春時代。



行ってきましたー。

ここ最近は買い物してから会場入りしてたんですが、去年1ヶ月に1回のペースで仙台に行ってたので今さらやることもなく、今回は買い物なしで16時30分仙台着の新幹線で行ってまいりましたー。

開演前のBGMはクラシックでした。今回も幕はなく、ステージセットは半円のタワーみたいなのが左右に3本ずつ。さらに計10個の長方形のモニターのようなモノが設置されていました。ステージ真ん中には6角形のオブジェ。ほぼ定刻通りに場内が暗転して、SE。今回のSEはテクノ調でしたねー。ここ数年RPGゲームのダンジョン内で流れるようなのが多かったので新鮮ですねー。

んで、その6角形のオブジェの中から逆光の中メンバー登場。数歩、歩を進めて決めポーズと共にガーン!という音がなって照明がメンバーに。ぶっちゃけこの感じの登場の仕方は飽きたなー。もう出来レースだよ。笑


1.孤独な世代

ドゥドゥドッドゥドゥ!っていうイントロなしでアカペラから。うーん、すごくひさしぶり。たぶんこれ演奏されるのは03年の夏イベ@二日目以来じゃないか?間奏のハモンドオルガンのパート半分カットされてたような気がするけど気のせいだろうか。


2.トラベリング・バンド

たどり着いたぜ仙台~!


3.GET YOUR CHANCE

うーん、なんとも。安易な選曲だな... って感じですかね。ここでモニターみたいなのが照明みたく映り出して、しばらくぶりに新しい演出だなと。


4.Time Spirit

あー、こういうのがイイ。濃いブルーの照明が綺麗だったなぁ。


~MC~

5.Begining Of The Time

たかみー、この曲の存在を覚えてたのか(^_^;)99年以来ですかねー。この時代の前後によくあった基本がハードロックで間奏とかに幸ちゃんのクラシカルなギターが入る曲って結構好きなんですよねぇ。


6.THE AGES

去年の春も歌ったじゃん... でも、ただすけのキーボードの音色がアレンジされてましたね。従来よりスペーシーな感じで悪くはなかったかな。


7.二人のSEASON

前半戦締めの高見沢オンステージ。でも、この選曲は微妙かな(-.-;)囁きは「あいらびゅー」。


~MC~

締めくくり方がかなり雑で客席はシーンとなってましたね。幸ちゃんと賢さんが取り繕うようなMCしてましたけど、全然盛り上がりませんでしたねー。まぁ、あれだけ雑ならそうなってもしょうがないと思うかなー。


8.悲しみの雨が降る

あの半円のタワーみたいなのは映像が映る仕掛けだったのか。ストーンズを観たあとだと、ものすごく安っぽいんだけど(。-_-。)


9.悲しみが消える時

アレンジされてましたねー。05年verのほうが好きかな。


10.桜の実の熟する時

これももう5年前の曲なのかー...


~MC~


11.LOVES FOR ONE

演奏は結構プログレしてるなー。


12.Nouvelle Vague

メタルホーク@Nouvelle Vagueギター登場。すんげー、懐かしいwww


13.春の嵐

うぅ... 聴き飽きたな... まぁ、でもあの哀メロギターが炸裂するからいいか... アー!ア!ア!アー!さぁ..来るぞ来るぞ... 来ない!ギター来ない!音出ない!もう最悪(笑)この16小節はギターなしでしたよ。


14.ジェネレーションダイナマイト

あぁ、ホッとした。これがなかったら結構救いようがなかった...。この曲聴いて燃え上がるんじゃなくてホッとする日が来ようとは。。。


15.Swinging Generation 2003

本編のこの位置って珍しいけど、あ~なるほど。お座りコーナーから青春を意識した構成にしてるのね。ってことは次はアレか。


16.終わりなきメッセージ

イントロをアレンジ。AGR2はこのアレンジか?言ってもイントロってうか、歌い出しが変わっただけなのだけど。。



~EN1~



キンコーンカーンコーン... アルフィーが大卒しましたっていうナレーション。このナレーターの声、個人的に好きじゃない。が、毎回この人だよね。


17.明治学院大学校歌

いや、なんとも。客席全体もポカーンでしたね。


~販促~

もうコントじゃないと思うの。


18.不良少年

せっかくこんな曲があるんだからもっとうまい繋ぎ方があると思うんだけどねぇ。KMB!は不良少年のイメージだったのかぁ。


19.メリーアン

イントロ部分の照明が今までにない上下に動く感じでよかった。


20.星空のディスタンス

肝心のギターソロをとちる。仙台ではなにかあるんだろうか...


21.ラジカルティーンエイジャー

やっぱ2011年の春のラジカルは越えられないなぁ。意味合いがまるで違うんですよね。個人的に。



~EN2~



22.シュプレヒコールに耳を塞いで

バンドverでしたが、アコースティックギターをまるで打楽器のように弾くたかみーはカッコイイ。AGRもこういう演奏で収録して欲しかったなー... と、これを聴いてさらに思った。


~MC~


「あの夏... 君たちはどこにいたのかな...」このフレーズがカッコよかった。こういう抽象的な言葉、結構好き。


23.Rockdom

ホールで聴くのは初めて。さすがに感慨深いなぁ... と、思ったら「懐かしき笑顔... 仲間たちの... まぶしく輝くそのとき~!」って思いっきり間違えやがった(-"-)感極まって言葉が出ないってことはよくある部分だけど、今回のはあからさまに間違えやがった(-"-)





うーん... コンセプトはわかる。創世記=青春時代ってことでキャンパスや1969年をテーマにした曲が多かったですね。曲単位では結構個人的には微妙なんだけど、趣旨がわかるから目をつぶれる。が、ギターにしろ歌詞にしろ重要な部分でミスが多すぎるライヴでしたねー。。。これはまったくいただけない。笑って許せるミスと、笑ってすまされないミスがあるんですよねー... 現に笑える部分はメンバーも笑ってますし。ストーンズ、ジェフ・ベックと世界の超大物のライヴを観たあとなのでどうしても比較してしまいますねぇ... MCでもパンフレットでも「今までが準備期間で、アルフィーはこれからが本番」だなんて冗談交じりに言ってましたけど、あながち嘘でもないと皮肉を言いたくなる内容でしたね。よかったら大宮追加で考えてましたけど、春はこれっきりでいいです。夏も消極的になっちゃうな。

ってことで、寝ます。笑

スポンサーサイト
LIVE REPORT | コメント:2 | トラックバック:0
<<Jeff Beck Japan Tour 2014@岩手県民会館 | 大音量ロック美学論 Ver2 | 今年も夏がやって来る!>>
この記事のコメント
昨夜の仙台のライブは初めてのアルコンとなりました。
何だかんだあっても、40年磨かれてここまで来たっていう印象がありました。
まだ全曲は聞けてない状態だけれど、
プログレな楽曲が一番ステージ映えしてるよなぁ…と感心しました。AGESとヌーベルバーグ。

もっと、多くライブ観てきた人の意見を見たいと思っています。それでは…
2014-04-20 Sun 15:44 | URL | とんくん #-[ 内容変更] | top↑
> とんくんさん

はじめまして^^

幸ちゃんの問いかけにはちゃんと手を挙げましたか?あれは一生に一度ですからねぇ。たまに、というか毎回「絶対お前初めてじゃないだろ」って人もいますけど(笑)

基本的に私のブログは穿った見方ばかりしてるので、それでもよろしければまた遊びにきてくださいねぇ♪
2014-04-21 Mon 00:18 | URL | ガブリエル@盛岡 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |