トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
映画7/セブン
2014-03-16 Sun 04:54
20111021_02491a.jpg


しばらく音楽ネタ(アルフィーネタともいうが)ないので、映画の方に力入れてみようかなと。

第7回ということで、ベタに「セブン」でございます。

「エイリアン3」で大ゴケしてしまいハリウッドから干されていたデビッド・フィンチャー監督ですが、この映画の大成功をきっかけに今や押しも押されぬ名監督の仲間入りを果たした記念牌的な作品でもあります。


キリスト教の七つの大罪に基づく連続殺人事件と、それを追う刑事コンビの姿を描いたサイコ・スリラー。


wikiのあらすじ欄には思いっきりネタバレしているので、このくらいの概要で。

この映画は映像作品としても素晴らしく、銀残しという現像処理を用いて作品全体がくら~い映像になっています。デビッド・フィンチャー監督の映画は、この後もくら~い画面処理を施した映像が多いですね。有名なのはオープニングもそうですね。スクラッチがかかって、とても目が疲れる(笑)のですが、このオープニングを真似た映画はこれ以降雨後のたけのこのように現れてきますね。ハードロックの世界で例えるならイングヴェイが現れた瞬間、数え切れないクローンが生まれたのに近いような現象ですかね。

ストーリーに関しては、この手のサスペンス映画って本来ラストでこいつが犯人だった!と暴かれるモノですが、この映画では途中で犯人が自首します。そーいった点でも非常にショッキングな映画で、途中から「ん?どうやってオチつける?」って感覚に陥ちいりますね。しかしながらまさしく「衝撃の結末」という言葉が素晴らしいラストでして... これを初めて観たのは中学生の頃でしたが、非常にショッキングでした。



余談ですが、この映画は「踊る大捜査線」にも多大な影響を与えており、ブラッド・ピットは青島。モーガン・フリーマンは和久さん。です(笑)完全に同じキャラ設定です。

結構グロ描写の多い映画ですが多くの人に観てもらいたい素晴らしい作品だと思います...。




スポンサーサイト

movie | コメント:0 | トラックバック:0
<<映画8/アイズワイドシャット | 大音量ロック美学論 Ver2 | 映画6/カポーティ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。