トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
音楽の効用。
2010-03-22 Mon 10:23



ひさしぶりに聴いた。

うぅ.... この曲を聴いて、こんなに胸に染みるのは7年ぶりだ。


音楽の効用ってあるよね?

音楽って作品である半面、商業性的な側面もあるわけで

お金を払わなきゃ聴けないものだし

人の生死には関係ない娯楽品なんだけど

音楽がある生活と、ない生活では、まったく違うのも事実。


単純に曲が良いなって思ったり

アーティストの生き方や信念に憧れたり

ちょっと見た目からも入ってみたりして

この曲の歌詞の中には

「痛みをすべて歌にたくしてきた」

っていう1フレーズがあるんだけど

これって、いわば高見沢の魂の叫びみたいなものだと思っていたんだけど

決してアーティスト側からの一方的なメッセージなんかじゃなくて

楽器も演奏しない、歌も歌わない、でも音楽は好きっていう

いわばリスナーの視点で考えても

辛い時はなにか曲を聴いて、自分を奮い立たせてみようとしたりするよね。

そういう意味では、僕たちも「痛みを歌に」たくしているような気がした。

色んな事を経験するたびに

曲の中に込められた「見えなかったメッセージ」みたいなものに気づかされていく。

そんな24歳の春。



スポンサーサイト

ロック美学 | コメント:0 | トラックバック:0
<<アルフィー2000~2009 BEST10 | 大音量ロック美学論 Ver2 | AC/DC/BLACK ICE>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。