トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
武道館2days セトリ考察。
2013-12-25 Wed 17:50
まず最初に... 参加していないので、セットリストを見ての純粋な感想になります。あんまりボロクソ書く予定はありませんが、熱心なファンの方は気に障る可能性がありますのでご注意ください。



23日

1・Final Wars!
2・Hysteric Psychedelic ∞
3・冒険者たち
4・Swinging Generation
5・クリスティーナ
6・トラベリング・バンド
7・Stand Up,Baby

8・心の鍵
9・愛の鼓動
10・Glorious

11・GATE OF HEAVEN
12・愛を惜しみなく
13・AMERICAN DREAM
14・鋼鉄の巨人
15・Masquerade Love
16・Promised Night

17・DOWNTOWN STREET
18・BLUE AGE REVOLUTION
19・Funky Punky
20・FLOWER REVOLUTION
21・星空のディスタンス

22・恋人たちのペイヴメント
23・LONG WAY TO FREEDOM


まさに春+秋の集大成的なセットリストになりましたねー。個人的にはHysteric Psychedelic ∞の復活が羨ましいですなー... それ以外は「別に...」って感じなんですけど...


24日


1・See You Again
2・夢よ急げ
3・A.D.1999
4・メリーアン
5・STARSHIP
6・風曜日、君をつれて
7・恋人になりたい

8・ANGEL
9・Rainbow In The Rain
10・Glorious

11・GATE OF HEAVEN
12・愛を惜しみなく
13・恋の炎
14・鋼鉄の巨人
15・Masquerade Love
16・Promised Night

17・SWEAT & TEARS
18・Final Wars!
19・ふなふなふなっしー
20・聖夜
21・星空のディスタンス

22・The Way
23・I Love You

24・もう一度ここから始めよう



まぁ目玉はアタマ7曲の「ベイエリア再現」ですかねー。MCで説明があったかもしれませんが、86年と関係のないこの年に何故それをやるのか意味不明... 曲的にも「いつも」聴いてる曲なので、ベイエリアに参加してない僕にはあんまり感慨深い何かを感じることもないですねー。逆を言えばベイエリアに参加した人にとっては感慨深いモノがあるんでしょうけど。去年の「ALFEE'S LAW」A面再現も何故いま??ってタイミングだったんですけどね(^_^;)まぁ、あれはMr Romanceとか仮面舞踏会のように長らく演奏されてない、かつ映像化されてない楽曲なので個人的には意義があるんですが。

2番目のブロックではANGELが初登場で、その他2曲は通常ツアーと同じですね。Hysteric Psychedelic ∞が入らなかったのは残念だけど、まぁRainbow In The Rainが入ったしプラマイゼロって感じですかね。

最終ブロックもGATE OF HEAVEN以外は通常ツアーと同じですね。最後の曲は相変わらず不要だと思うんですけど、まぁ13、14、15の流れをもっかいDVDで観れるのはなんにせよありがたいです。ここが大幅にいじられたらどうしよー(ーー;)なんて思ってました...

アンコールは... まぁ、ふなっしーはいいんですけど。旬だし。DVDが出た頃に「こんなキャラいたなー」なんてことになってなきゃいいんですけどね。それにしても円谷プロとの蜜月関係はいつまで続くんだー(なんかDAIGOに曲書いたんだってね)もう、ぶっちゃけ飽きたな。去年のクリスマスと同じ感じなのかなー。そもそもここ数年の武道館のアンコール1回目の映像は本当に面白くないんだよなー。なんかスペシャル感が満載過ぎて逆に胃もたれするっていうか。これもその場にいればそこそこ楽しめるんだろうけど。

アンコール2回目ではI Love Youが今秋初登場。特に... あー。ついにこういう位置で歌われる曲に成長したかー、と。

そして、オーラスは今年の新曲である、もう一度ここから始めよう。そう、もう10ヶ月も前だからすごく昔のような気がするけど、これって今年の新曲なんだよねー。このチョイスはいいと思う。近年一度歌われたら、次はいつ出てくるか分からないという不遇を囲っているマラソングにあってして、まさかの武道館オーラスという大抜擢!!まぁ曲がイイというのは当然あるんだけど、アタマがベイエリア再現で、オーラスも80年代の曲だと懐古主義的な気がして「俺たちはまだまだこれからだ!」っていう言葉に疑問を感じなくもないんだけど、オーラスに今までではちょっと考えられない新曲をチョイスするってあたりに、40周年の意気込みを感じるなー。これはイイ(でも、ランディングバーンが消えたのはちと悲しいが)

去年ほど「その場にいなかったことが悔やまれる」感はないんだけど、なんやかんや言って概ね良好なセットリストなんじゃないですかね。さて、大阪城は春秋総集編なのか... あるいは85年の横浜スタジアム再現みたいな変化球なのか... なんにせよ楽しみですね。

スポンサーサイト
THE ALFEE | コメント:0 | トラックバック:0
<<Catch Your Earth DVDを語る。 | 大音量ロック美学論 Ver2 | 名曲講座95:Difficult To Cure>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。