トップ画像
高見沢俊彦 Kaleidoscope ~天使の狂宴~ @Zepp Sendai
2007-08-11 Sat 00:00
過去記事を間違って消してしまったので、記憶を辿り再度レポートを(笑)

今になって、あぁ・・・と思う事もあるかも知れないので、
最終的にどんな文章になるのか、自分でもちょっと楽しみです。

確か当日は、昼過ぎに美容室へ。パーマかけてカラーして、ばっちり決まった所で17時くらいの新幹線に乗り、仙台へ向かいました。
ライヴハウスなので、入場時に500円払いレゲエパンチを飲み、席に着くとあまりの近さに驚愕。
開演前はT-REXやDEEP PURPLEが会場内に流れていて、BURNのキーボードソロの所で場内暗転。いよいよ、天使の狂宴が始まります。


takamiy


まず、威風堂々のようなSEが流れる中、サポートメンバーが登場。
1曲目のイントロダクションを演奏すると同時に、遂に高見沢登場!!


1・禁断の果て

2・騒音おばさんVS高音おじさん

この時点で既に汗ダク。。頭っからブッ飛ばします。

(MC)

3・けだるい色の花

4・若者たち

(MC)

何故、そんなに髪が綺麗なんですか?と、よく聴かれるけど、それは秘密ですと仰ってました(笑)

5・Lonely Lonely

6・洪水の前

(MC)

7・Fiance

8・Desire Red Rose

16年前のソロアルバム制作時に既に手元にある楽曲だったのですが、未収録のため幻の曲扱いされていましたねぇ。

(MC)

9・千年ロマンス

10・O.Z.Y

この曲で、ルーク篁が目の前に。ルークも観たいけど、高見沢をもっと見たい!!という気持ちに従順に従い、体は↗を向いていました(汗)

11・愛の偶像(ラブ・アイドル)

12・Super Star

13・Kaleidoscope

ラストの3人でのギターバトルは凄かったなぁ・・・。


EN1

14・insturumental

ここで、DJ HANGERという世界スクラッチ選手権で優勝経験のある凄腕DJが登場。高見沢のギターソロ×スクラッチで演奏されました。

15・Techno Gramarous

16・君に会いたい

17・Endress Dream 2007

18・Rockn'roll

ご存じZeppelinのカバーです。いやー燃えたなぁw

19・騒音おばさんVS高音おじさん

ルークとKOJIの合いの手が入ったVerですね。今、思えばLonely Heartでもやればよかったのに・・・なんて思ったり思わなかったり。


EN2

エレアコ1本抱えて、高見沢だけ登場。何を喋ったかよく覚えてない(有難いお話だったことには違いないんだけど)

20・Song For You

予想通りなのに、号泣。ライヴで泣いたのは本当に久しぶりでした。
あー、この人を好きでよかった、そしてこれからも好きでいようと思った瞬間でした。


曲が終わると同時に、ピックを投げることもせず一礼をしてステージ下手へ。
放心状態の中、会場内に流れたのはBLACK DOGでした。
普段、アルフィーのライヴならAUBEのSEが流れ、後に最後に歌った曲のSEが流れるっていうパターンなので、とても新鮮でした。


やっぱり、今でも最後のあの瞬間は鮮明に脳裏に焼き付いていますね。
そして、そうる透が見た目のいかつさの割に凄く小さかったのも印象的でした(笑)
今年、残すアルフィーのライヴは1本のみ。VELVET REVOLVERの来日公演にあわせて、仙台ではなく11月28日の神奈川公演に行く事にしました。もう既にねたばれを観てしまったので、何とも言えないのですが、今年有終の美を飾ってきたいと思
スポンサーサイト

LIVE REPORT | コメント:0 | トラックバック:0
<<THE ALFEE AUBE 2007 天河の舟@仙台サンプラザホール | 大音量ロック美学論 Ver2 | GUNS N' ROSES WORLD TOUR 2007@日本武道館>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |