トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
Takamiy:雷神
2013-07-31 Wed 20:25
takamiy


超辛口レビュー。

結局、+ライヴ盤を購入しました。

いづれ+ライナーノーツ付きのも購入しようかと思ってますが...

まずは1曲づつの感想を書いていこうかなー、と思います。


1・雷神の如く

聴いてすぐそれと分かるマーティ・フリードマンのギターソロから始まるオープニングチューン。歌詞は今までにない感じで「和」ですね(内容としては結局どういうことか分からない愛の歌)和太鼓と思わしき音が後ろで鳴ってますが、ドラムのクレジットがないので... 和太鼓はサンプリング使ってるのかな?

2・Samurai Basara

これもFeatマーティ・フリードマン。これも「和」を全面に出した世界観の歌詞なんですが、何を歌ってるのかは相変わらず。まぁ歌詞の意味よりも語感と雰囲気が大事ということでしょうか。「雷神の如く」もそうなんだけど、言っても「和」の世界観にありふれた言葉を複雑に組み合わせているだけで、個人的には戦国鍋TVに出てくるグループ(?)の進化版みたいにしか聞こえなかった。


3・仮面の宴

「Blood Of Eternal」をさらに激しくさらに泣かせた、これぞ、たかみーワールド。なんだけど、リフは使い回し、ギターの主旋律も使い回し、最後の後奏もライヴのアレンジギターソロで聴いたことのあるフレーズ。ということで新曲感はあまりない。


4・Legend Of Galaxy ~銀河の覇者~

Feat宮野守。ボーカルでデュエットするのは初めてですが、さすがにたかみーより歌がヘタな人はそうそういないわけで宮野氏の声がまぁ目立つ(響く)。アニソンの権化みたいな曲で、ライヴでは「GINGA!」の部分で拳を振り上げる画を想像したら失笑がこみ上げてきてしまった....


5・嵐が丘

曲調的には「雷神の如く」「Samurai Basara」に続くアグレッシブなメロスピチューン。タイトルの「和」な雰囲気とは裏腹に「和」でも「洋」でもない中途半端な世界観を披露。


6・君だけを守りたい2013

Featつるの剛士。これもやはり、つるの氏の声がたかみーを完全に食っていて自身のソロアルバムで何故これをやったのかが不明。


7・黄金龍王

シングルなので省略。


8・孤独なRudy Boy

Featマーティ・フリードマン。ミドルテンポなメタルチューンで、歌詞も「孤独な青春」を歌うソロにしては異色曲。アルフィーでいうところの「19」や「希望の詩」の延長線上のような曲。これ、幸ちゃんが歌ったら結構ハマったと思うんだけど。


9・Fantasic Love Metal

高見沢史上最悪のセルフカバー。

いや、フォントも大きくなるくらい最悪。これもあまりにもひどすぎる。原曲は青春の恋愛の甘酸っぱさを爽やかに歌った名曲だったけど、このカバーではイントロから暗い暗い。てゆーか「黄金龍王」と一緒。青春の甘酸っぱさどころか、ただの暗い青春にしてしまった罪は重い。Aメロの聴いてるこちらが恥ずかしくなる謎の超高音と超低音の2声もどうかと思うし、Bメロでは感情も何もなくメロディを朗読するだけ。こんなノリで「弾けよう この瞬間を Fantastic Love!」と歌われても弾けようがないんだけど。この曲は「Stand Up,Baby!」のようにやるならガレージパンクでカバーすべきだったと思う。


10・ULTRA STEEL

シングルなので省略。




もう、はっきり言ってこの程度のクオリティのアルバムしか作れないならば

もうソロはここで完全に終わらせるべき

と、これが正直な感想ですねー。まぁ目立つのが、リフとギターソロの使い回し。既にCDなりライヴなりで「聴いた」ことのあるフレーズを惜しげもなくアルバムに詰め込むなんて... これが数曲のうちのどこかだけっていう話なら「あぁ、あの時使ってたフレーズを使ってる」だけで済むんですけど、ちょっとこのアルバムではやり過ぎですね。曲の組み立て方、構成の仕方は相変わらず複雑怪奇で「らしい」んだけど、これだけ既に使っているフレーズを多様されると、複雑にして誤魔化しているだけじゃないかとも勘ぐってしまう。

「Fantasia」はアダムとイヴから始まり、中世ヨーロッパまでの世界を想起させ、サウンド面でもクラシカルなフレーズを多様していてアルバムの方向性やテーマが非常に明確で、たかみーが何をやりたいかということがはっきりしたアルバムだったけど、ちょっとこのアルバムはそのへんの方向性も不明確。前作が「洋」で今作が「和」という意味での住み分けは出来ているんだけど、その「和」を題材にした曲も「黄金龍王」を含めて3曲しかないし... まぁウルトラマンとコラボったから、方向性が2つに向いてしまったっていうのもあるんでしょうけどねェ。ただ、そのへんって曲順でどうにかなると思うんですよね。例えば「Kaleidoscope」だって個々を切り取ればさほど統一性はないわけで。アルフィーで言えば「orb」もそうですよね。それを曲順の妙で統一性を生み出してきたのに、またなんで最後の最後でこんな曲順になってしまったかなーと。個人的にはこの曲順だったらまだ理解できたけど....


1・雷神の如く
2・Samurai Basara
3・嵐が丘
4・黄金龍王
5・仮面の宴
6・孤独なRudy Boy
7・Fantasic Love Metal
8・君だけを守りたい2013
9・Legend Of Galaxy
10・ULTRA STEEL


安易だけど、これですかね。「新世界」もそうだったけど、アルバムのアタマ3曲でアルバムの世界観を打ち出して、中盤から後半にかけて別のテーマに持っていくやり方ですよね。曲の善し悪しはさておき、これなら、そう、まだ方向性は見えたんだけど。まぁ「Fantasia」があまりにも素晴らしかったっていう反動もあると思いますけど、ちょっと個人的にはありえないくらい期待はずれのアルバムでしたね....。


スポンサーサイト
THE ALFEE | コメント:6 | トラックバック:0
<<名曲講座番外編:Fantasic Love | 大音量ロック美学論 Ver2 | Takamiyソロを振り返る:2012年編!>>
この記事のコメント
今日、cdを山野楽器さんで購入しました^^
ソロの仙台チケットも到着したので、少し
づつテンション上がりそうです。
2013-07-31 Wed 20:54 | URL | ロビン #-[ 内容変更] | top↑
高見沢のエレキソロはどうですか?
2013-08-01 Thu 02:39 | URL | ひばりヶ丘 #-[ 内容変更] | top↑
>ロビンさん

おー!仙台参加されるのですね!
僕も無事ゲットできましたので、当日「それらしい」人物がいたら話しかけてください!
昨年のソロのグッズのお礼もしたいので(*´∀`*)
2013-08-03 Sat 04:29 | URL | ガブリエル@盛岡 #-[ 内容変更] | top↑
> ひばりヶ丘さん
「Fantasia」ほどの充実感はないですね。あのアルバムでは結構メロディアスなソロを弾いてましたが、今回はただ速いだけで一時期のアドリブでただ弾いてるだけのソロに近い感じがしました。

唯一「仮面の宴」では後奏にメロディアスなソロを弾いてるのですが、昨年のAGRでの「孤独の美学」の後奏とほぼ同じフレーズを使ってるので目新しいモノはないですね。
2013-08-03 Sat 04:32 | URL | ガブリエル@盛岡 #-[ 内容変更] | top↑
ご無沙汰してますm(_ _)m
プライベートの方でバタバタしてました(^-^;
あたしもライブ盤を買いました(^-^)
個人的に宮野くんとつるのさんのコラボに期待していました(・∀・)宮野くんもつるのさんもたかみーのギターの音に付いてこれた事の方がすごいかと( ´ ▽ ` )実はウルトラマンファンの間では宮野くんとのコラボ曲に期待の声が上がってて、THE ALFEEもウルトラマンファンの間では人気者でTHE ALFEEファン以外の人に聴いてもらえる方が個人的には嬉しいですね(*^▽^*)
たかみーのギターの音は強過ぎるから他のアーティストとコラボした時に仕上がりがイマイチになるのがほとんどでつるのさんの歌声ならロックを歌わせても問題無いって思います(o^^o)♪
ULTRA STEELを聴いた時に「もうソロは終わりか次で終わりにするか?」っていう出し切った感を感じてやっぱりな…って思いました(´ー`)
2013-08-10 Sat 08:09 | URL | くりすてぃーな #-[ 内容変更] | top↑
>くりすてぃーなさん

ご無沙汰です。最近仙台でもお見かけしませんが参加あれてましたか?

ファン以外の評価って気になりますが、そういう感じなんですねー。たかみー提供で売れた曲って小泉今日子くらいしか思い浮かばないので、あんまり他人に曲を提供しないほうが・・・なんて思ってましたがww
2013-08-13 Tue 07:13 | URL | ガブリエル@盛岡 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。