トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
Takamiy第2期ソロを振り返る:2009年編!
2013-07-20 Sat 03:57
takamiy

2009年は3年に渡って行われた「Kaleidoscopeシリーズ」の最終章となりました。

この年はシングル「Vampire ~誘惑のBlood~」と「ヤッターマンの歌」が両A面シングルでした(ソロでは最初で最後)というわけで、3種3枚すべてにこの2曲+カップリングという内容で発売されました。

まずは「へびめたヴァケーション」。元はといえば08年ツアーのアンコールでThe Whoのサマータイムブルースから派生して完成した曲なのですが、へびめたよろしく、この音源ではかなり分厚いハードなサウンドに変化しました。歌詞は焼肉食ってスタミナつけてとか、結構くだらいんですが(ーー;)

そして他の2曲がセルフカバーで、明石家さんまに提供した「真っ赤なウソ」とアルフィーの「悲劇受胎2009」。前者は特筆すべき点はないのですが、後者は... サウンド自体はかなりアップグレードされたと思うけど、いかんせん歌が... 今さら「高見沢さん、下手くそですよ」なんて誰も言えないことくらい分かっているけど、サウンドが素晴らしくても歌がこれじゃあ・・・ まぁ、この開き直りっぷりもたかみーの男らしさを感じるといえばそうなんですが。。。


ツアーに関してはツアーポスターは作られず、東京3公演のみの開催となりました。


9月05日(土) 渋谷C.C.Lemonホール
9月06日(日) 渋谷C.C.Lemonホール
9月13日(日) Zepp Tokyo


ソロに関してはファイナルを映像化してきましたが、ここに来てファイナルでなくCCレモンの公演を映像化。んー、ライヴハウスの映像は@広島の短いモノしかなかっただけに、たまにはライヴハウスの乗りを映像で!と思わなくもなかったんだけど(;´д`)ってことで、このツアーには参加しなかったのであんまりソロへの思い入れがない年でした、個人的には。
スポンサーサイト

THE ALFEE | コメント:0 | トラックバック:0
<<アルフィー秋ツアー日程! | 大音量ロック美学論 Ver2 | Takamiy第2期ソロを振り返る:2008年編!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。