トップ画像
Takamiy第2期ソロを振り返る:2008年編!
2013-07-18 Thu 22:02
というわけで、第2期ソロ2年目の活動となる2008年。

さすがに連続でのアルバムリリースはなく、2年目ということで話題性が薄くなるという意味でも結構勝負の年だった気がします。

シングルは作詞にAnchangを起用した「月姫」をリリース。

takamiy

個人的にソロ全作品を通じて、このジャケットが一番好きだなー。やっぱロケですよ、ロケ。スタジオ撮影よりも絶対映えるのになー(その後DVD特典で「時間がかかってなぁ...」とぼやいたのを観た瞬間「もうねーな(゚Д゚)」と悟ったけど...)楽曲としては、今後色濃く提示されていくメロスピ路線の第一弾って感じで、アルバム「Kaleidoscope」で提示されたメタルサウンドを今度は一般向けにも発信した意味あるシングルだったと。

この年からソロでも3枚同時発売がはじまり、カップリングも3曲。まずはアルフィーのセルフカバーである「白夜-Metal Byakuya-」。読んで字の如くメタルアレンジでございます。最初聴いた感じはオリジナルの浮遊感がいいんだよなー... なんて思って聴いてましたがライヴでは化けましたねー。アウトロのギターソロバトルの音が低いミックスはいかがと思いますが、意外性のある曲をこうもアレンジするのが高見沢マジック。

お次は「Desire Red Rose 2008」。元々は第1期ソロのツアーでのみ公開された楽曲でしたが、ここで初の音源化。この年だったかなー?某スピリチュアル番組に出て前世はヴェネツィアの放蕩息子と言われたのは(笑)そんなヴェネツィアがテーマの曲でございました。

最後に新曲の「One Way Love」。天を動かすほどのチカラで愛しても気づかれないって、どんだけ鈍い女が好きなんだというツッコミはさておきw サウンド的にはアルフィーの「幻想」に近いような感じですかねぇ。あんまり特筆すべき点がない普通のバラードかなぁ...


takamiy


8/02 渋谷C.C.Lemonホール
8/05 仙台電力ホール
8/07 Zepp Osaka
8/10 広島クラブクアトロ
8/14 Zepp Nagoya
8/16 パシフィコ横浜国立大ホール
8/17 パシフィコ横浜国立大ホール


6都市7公演の開催は変わらずでしたが、残念ながら福岡が外れその分が初日の東京公演に回ったという感じでしょうか。仙台は追加公演扱いでしたが、この年も5列目ど真ん中をゲットしましてそれはそれは素晴らしいライヴでしたねぇ。仙台はサンプラザとZeppは複数回参加経験がありましたが、この電力ホールは初めてだったのでそういう意味でも新鮮なライヴになりました。

スポンサーサイト

THE ALFEE | コメント:0 | トラックバック:0
<<Takamiy第2期ソロを振り返る:2009年編! | 大音量ロック美学論 Ver2 | Takamiy第2期ソロを振り返る:2007年編!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |