トップ画像
名曲講座80:Phantom Of The Opera
2013-07-10 Wed 07:35


1980年と言えば、メイデンのデビュー年であります。

アルバム「鋼鉄の処女」より「オペラの怪人」でございます。

当時のメイデンはNWOBHM(ニューウェイブブリティッシュヘヴィメタル)の代表的存在で、パンクの性急さ(これはボーカルだけだと思うんだけど...)にメタル+プログレという特異さで他のバンドに比べて一層際立っている感がありますよねェ。個人的に初めて聴いたメイデンの曲が、まさしくこの曲なんですがそれはそれは衝撃的でした。自分の知り得たプログレともメタルとも違うこの音像に一撃でノックアウトされましたねー。

そんな印象があるので、この曲はポール・ディアノが歌うこの原曲がすべてだなーと。現行のメイデンのライヴでもたまに歌われるんですが、同じこのアルバムに収録されている「Running Free」や「Iron Maiden」なんかはブルース・ディッキンソンが歌ってても違和感を感じないんし、それが原曲であるような意識さえ持ってしまうのですが、この曲だけは違うんだよなー... それほど最初に聴いた時のインパクトが強いのでしょう。。。


次は81年!!!

スポンサーサイト

名曲講座 | コメント:0 | トラックバック:0
<<名曲講座81:Too Fast For Love | 大音量ロック美学論 Ver2 | 名曲講座79:We Wish Well>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |