トップ画像
DUFF McKAGAN'S LOADED with ADLER@渋谷duo music exchange Part 2
2013-03-14 Thu 02:02
adler

まずはアドラー!

アドラーの名前がそのまま使われてますが、ちゃんとしたバンドで昨年1stアルバムをリリースしています。ただ、日本盤は発売されておらず、なんとamazonですら輸入盤を扱ってないという・・・。会場では1500円で販売されてたんですが終演後に買おうと思ってたら完売してました。

そんなこんなで当然1曲も知らなかったんですが、結構昔ながらのアメリカンハードロックって趣で「あれ?案外いいじゃん!」って感じの曲が多かったですね。ラスト前ではダフ・マッケイガンが飛び入り参加しガンズの「Mr Brownstone」を演奏してくれました!!グルーブ感がたまらないこの曲を元ガンズのリズム隊が演奏してる・・・ そう思うと盛り上がるよりも感慨深くなってしまいましたね(涙)

そんなこんなでアドラーは10曲くらいの演奏でしばしのセットチェンジタイム。


loaded


本日のメインアクトであるローデッドの登場!!

1.Sick
2.Executioner's Song
3.We Win
4.Sleaze Factory
5.Dead Skin
6.Dark Days
7.Seattlehead
8.Queen Jonasophina
9.New Rose (The Damned)
10.Lords of Abbadon
11.Cocaine
12.Your Name
13.So Fine (Guns N' Roses)
14.You Can't Put Your Arms Around a Memory (Johnny Thunders)
15.Patience (Guns N' Roses)
16.Attitude (Misfits)
17.You're Crazy (Guns N' Roses)
18.Dust N' Bones (Guns N' Roses)
19.It's So Easy (Guns N' Roses) with STEVEN ADLER!
20.I Wanna Be Your Dog (Iggy & The Stooges) >



ファンからすると非常に分かりやすいセットリストで、前半12曲までがローデッドからの曲で、それ以降がすべてカバー(セルフカバーを含む)になっていますね。このうちガンズのオリジナル曲が13・15・17・18・19で、ガンズ時代にカバー曲としてリリースされた曲が9・14・16ということで、なんやかんやでガンズ曲が豊富なセットリストでしたね。前回の08年に来日した時はガンズ曲はカバー含めて5曲くらいだったような気がするので。

19曲目の「It's So Easy」では、アドラーが飛び入り参加しオリジナルリズム隊の真価を発揮してくれました!!! 

今回は一番後ろで見てたので「人ごみにもみくちゃにされる」というライヴハウスならではの雰囲気を味わえなかったのですが、それを差し引いても素晴らしいライヴでしたねぇ。ただし、会場は最悪!!!横長の会場なんですが、四本の柱が邪魔になって3分の1より後ろに行くとステージが見切れるし、ステージが低いので後ろに行くとギターがまったく見えなくなるという・・・ まぁ仕方ないかなと思うけど、よっぽど好きなバンド以外はあの会場に行こうとは思えない会場でしたねぇ。。。

まぁサインも貰えたし、アドラーとは写真撮れたし、ライブの内容は両バンド共に素晴らしかったので好しとしましょう!!!

今度は4年半もかけずに日本に戻ってきてくれー!!!

youtubeにこの日の前日の映像がアップされていたので、よろしければみなさんもこの空気感を味わってみてください(・∀・)!!






スポンサーサイト

LIVE REPORT | コメント:0 | トラックバック:0
<<名曲講座65:Phantom Of The Opera | 大音量ロック美学論 Ver2 | DUFF McKAGAN'S LOADED With ADLER Japan Tour 2013@渋谷duo music exchange>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |