トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
ラジカルティーンエイジャー
2013-03-11 Mon 01:26


涙を拭いて立ち上がるのさ

時代を創れ ラジカルティーンエイジャー

感じるままに叫んでみろよ

時代を走れ ラジカルティーンエイジャー

All Right Now!







もう二年ですかー。

あれから、何度この歌に救われてきたのだろう。

震災で亡くなられた方にご冥福をお祈りしながら、この曲を。


スポンサーサイト

Do The Talking! | コメント:2 | トラックバック:0
<<DUFF McKAGAN'S LOADED With ADLER Japan Tour 2013@渋谷duo music exchange | 大音量ロック美学論 Ver2 | MACHIKO BAND with THE ALFEE>>
この記事のコメント
RADICAL TEENAGERはTHE ALFEEの曲の中で一番好きなのでコメントしました。
この曲は1980年代後半(確か88年だった気がする)に初めて聞きましたが、
かなりの年齢になった今でも、この曲を聞くと
自分の弱さに負けたくないって気持ちになれます。
2013-03-13 Wed 00:14 | URL | ざくろの森 #ODB.tzFc[ 内容変更] | top↑
>ざくろの森さん

こんばんは^^

時代の変化と共に、心も変化していき、今まで聴いてた曲が違って聴こえてくる・・・ ということは加齢と共に感じます。その反面、若い時に経た衝撃というのはいつまで経っても色褪せないと高見沢さんが仰るようにアルフィーにも同じものを感じます。

いつまでもラジカルティーンエイジャー!でいたいですね!
2013-03-15 Fri 00:37 | URL | ガブリエル@盛岡 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。