トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
MICHAEL MONROE/Not Fakin' It
2010-02-01 Mon 18:19
michael

89年発表作品。

1. Dead, Jail or Rock 'N' Roll
2. While You Were Looking at Me
3. She's No Angel
4. All Night With the Lights On
5. Not Fakin' It
6. Shakedown
7. Man With No Eyes
8. Love Is Thicker Than Blood
9. Smoke Screen
10. Thrill Me


ハノイ・ロックスのフロントマンとして活動し、アクセル・ローズやセバスチャン・バック等に多大な影響を与えたマイケル・モンロー先日、自身のニューバンド「MICHAEL MONROE」のラインナップを発表し今秋には1stアルバムの発表が予定されています。今日は、そんなマイケルの記念すべきメジャー1stソロアルバムをご紹介したいと思います

マイケルはもともとパンクに影響を受けたシンガーなので、このアルバムで聴けるサウンドというのは80年代ハノイの「哀愁を帯びたロックンロール」ではなく、パンク精神を宿した「小気味いいアメリカン・ハードロック」なんですねこんな言い方をしたら怒られるかもしれませんが、分かりやすく言うとガンズ+モトリーから毒気をちょっと抜いたような雰囲気です。1はマイケルから多大な影響を受けたアクセル・ローズがPVで共演(これが発展し、後にガンズのUSE YOUR ILLUSION、The Spagetti Incident?にマイケルがゲスト参加することになります)まぁ言ってみれば、この1曲目を聴いた時点で勝負あり!って感じなんですよ(笑)無駄な説明はいりません。ノックアウトされちゃってください

(それにしても、マイケルのソロ作品のジャケットって絶対自分が写ってるんだよなァ笑。問題作(?)の次作を除き。。。。)



スポンサーサイト

洋楽~M~O | コメント:0 | トラックバック:0
<<MOTLEY CRUE/Dr Feelgood | 大音量ロック美学論 Ver2 | マイケル・モンローの新バンド発表!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。