トップ画像
現実と夢と、伝説。
2012-11-19 Mon 03:20
実は10月に渋谷公会堂行った翌日、そのまま盛岡に帰らず仙台に寄りまして。

滞在時間はものの1時間で用事済ませて、すぐに盛岡駅の新幹線に乗ったんですが。

仙台は栄えているのが西口。対する東口は駅と隣接するような感じでZepp Sednaiがあり、そのまんま真っ直ぐ10分程度歩けばお馴染みのサンプラザホールがあるんですが、ぶっちゃけ東口はなにもないんですよね。んで、今回用事があったのは東口。

いつものように歩き慣れた道を歩いて、ぱっとZepp Sendaiの方を向いたら、跡形もなく消えているじゃありませんか・・・・・・ いやー、びっくりしましたよねぇ。閉館するっていう話は聞いてましたけど、跡形もなくただの更地になってるんですから。

思えば、人生初の最前列を取ったのは07年のたかみーソロ。そして、最後に参加したのが、アルフィー最初で最後のZepp Sendai公演。感慨深いなぁ。なかなかホール(ライブハウス)そのものが消え去ってしまうということはないですから。

去年のファンクラブの会報でたかみーが、「仙台で起こったことは伝説などではなく現実」と書いてましたけど、個人的にはあのライブハウスがなくなってしまった以上、あのライブは伝説へと昇華されてしまったかなぁ。あの会場の空気感はもう二度と味わうことは出来ないし、あの感覚を呼び起こしてくれるものは記憶と若干の映像だけですから。

いやー、淋しい。

来月、またあの光景を見ると思うとなんだかなぁ。

でも!サンプラザも1年以上ぶりですからね。やっぱ自分の中ではサンプラザこそがホームというか、一番通い慣れたホールなので、あの半円形のホールが恋しい気持ちもありますな。

スポンサーサイト

THE ALFEE | コメント:0 | トラックバック:0
<<たかみーソロDVD。 | 大音量ロック美学論 Ver2 | 授業が終わると煙草手に~♪>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |