トップ画像
GUNS N' ROSES WORLD TOUR 2007@日本武道館
2007-07-15 Sun 16:11
行って参りました、武道館!!

今日、盛岡に帰ってきたので早速レポートしたいと思いますが、もはや記憶が・・・(笑)

まずライブ当日、15時過ぎに東京に到着し、そのまま武道館へ向いました。
そして、相互リンクさせて頂いている私的音楽最前線の管理人Contrabandさんと合流。
初めてお会いしたのですが、クールなナイスガイで話をしながら近くのコーヒーショップへ。

ここで事件が・・・!!!

見知らぬおじさんが「パンプのライブか?」と話しかけてきたのです。

パ、パンプ?

それってエアロスミスのアルバムですか?って突っ込みたくなりましたが、まぁ東京ってこういう変わった人いるからなぁと思いつつ
適当にそうですよーなんて答えたら、なんかいつの間にか隣りの席に座ってて談話。
なんでも、かつてテレビ局で働いていて夜ヒ○トなどを手掛けていたとか
マイケル・ジャクソンを日本に呼んだのは俺だ!とか・・・
どこまでが本当かわからないのですが、業界知識はかなりあるようで
確かに本当っぽい気がしなくもないんです(笑)
そこから何故か人生相談コーナーみたいな感じになって(否、俺らが望んだわけでなく)
正直かなりだるいなぁ・・・なんて思いながら、時計を見ると1時間半も経ってる・・・
という事でライブが始まるといって切り上げたのですが、言ってる事は本当にスゴかった!!
政治・経済・宗教・世界情勢、あまりに難しすぎてちんぷんかんぷうでした。

という事で、武道館に向かい会場に入ります。
前座のムックには興味がなかったので、彼らの演奏が終わってから会場入り。
席は南東だったので、右側のほぼ端っこ。

ステージセットは去年のモノとほぼ同じで、まず真ん中にスクリーンが3つ。
ドラムとキーボードが壇上にあり、照明用のライトが上方に沢山あります。
その照明は左右で、ピラミッドみたいな配列になっていて赤い布が被せてありました。
そして両翼に、さらに巨大なスクリーンが計2個。

ステージセットの裏から、漢字っぽい字体で書かれた巨大な幕が上に上がってきたと同時に
スモークが炊かれ始め、19年ぶりの武道館公演がスタートしました。



guns



会場が暗転し、2本のサーチライトが会場内を駆け回る中、ホラー映画のようなSEが流れます。

そして、「あの」曲の衝撃的なイントロをじらしながら弾くロビン・フィンクがまず登場。

会場内は絶叫に包まれ「You Know Where Fuuk You Are?!」というアクセルの雄たけびと共に・・・


1・Welcome To The Jungle

黒いガウンにデニムでアクセル登場!!!
まさにジャングルと化した会場内の盛り上がりは尋常じゃありませんでした。

2・It' So Easy

この曲で、早々に気付いたのですが、アクセルかなり声が出てる!!
それと同時に去年よりかなり腹が出てる!!(笑)
アクセルはもちろん、みんなと中指突き立てた瞬間は一生忘れません。
歌ってる最中にマイクスタンド投げたのもカッコよかったなぁ。

3・Mr. Brownstone

4・Live And Let Die

この曲では火柱が爆発してましたねぇ~!!

5・Robin Fink Guitar Solo

6・Sweet Child O' Mine

この曲と同時に開演までいなかった前の席に、長身の男性が・・・
おかげさまでアクセルが全く見えなくなり、ちょっと萎え。

7・Better

去年のNY公演で初披露された新曲ですね。

会場のノリはまずまずでしたが、個人的には好きな曲だったので盛り上がりました。

8・Knockin' On Heaven's Door

お約束のアクセルと観衆との掛け合いにはマジ鳥肌もんでした。
あぁ・・・アクセルと一体化してる・・・感動でした。
しかもアクセル、ステージ中ほどから前方まで膝歩きを披露!!
何をやってもカッコいいw

9・You Could Be Mine

ちょっと会場内もまったりしていましたが、この曲で再度ヒートアップ!!

10・Dizzy Reed Piano Solo

確かこのへんで、アクセルがちょいちょいしか見えない苛立ちから席を立ち空いてる席に移動。

11・The Blues

これも新曲ですが、イントロのピアノが非常に美しい曲。
曲の後半ではアクセルがピアノの上に立って歌ってました。
このシーンが一番カッコ良かった!!!

12・Richard Fortus & Robin Fink Guitar Solo

13・Out Ta Get Me

14・November Rain

あの美しいギターフレーズに入る前の、アクセルのピアノのジャーン!!っていうのに鳥肌。

15・I.R.S

16・Don't Cry

17・Ron Thal Guitar Solo

18・My Michell

19・Liquor And Whores

ここでアクセルの「みんなは知らないと思うけど・・・」という紹介と共に
Mr.Bubllesという普通のおっさんが登場(笑)
カントリー調の曲を歌い、これが武道館サプライズ~?とがっかりしていたら・・・

20・Used To Love Her

キターーーーーー!!!!!!
見てください、この画像を。


guns



これはアクセルがスタッフに配ったセットリストですが、演奏確率2%ですよ?!
マジ感動しました(T_T)

21・Patience

世界一優しい男がステージで歌っていました。
この口笛も忘れられない・・・

22・Nightrain

本編ラストはこの曲!!会場内も大興奮でしたね!!

23・Madacascar

24・Paradise City

とうとうオーラスです。
この曲ではアクセルは笛を投げてましたね♪
終いにはマイクまで投げてましたよ(取った人羨ましい;)
赤い花びらが舞う中、やはり最後はこの曲!!!
みんなも盛り上がっていました!!!



約2時間半近くのライブでした。
アクセルも声出てたし、ステージ走り回るし・・・ロックスター健在!って感じでした。
書き忘れてたんですがKnockin' On Heaven's Doorでの「Come On Budou Kan!」も印象的でした。
終演後、再度Contrabandさんと合流して話したんですけど
もはや言葉になりませんでした(笑)
お互い、あぁ・・・って放心状態に近かったですもん。


アクセル以外に目がいかなかったのは事実だけど
やはりアクセルがいれば、ガンズは成り立つものだと実感しました。
世界で一番ロックな夜でした!!!
スポンサーサイト

LIVE REPORT | コメント:0 | トラックバック:0
<<高見沢俊彦 Kaleidoscope ~天使の狂宴~ @Zepp Sendai | 大音量ロック美学論 Ver2 | THE ALFEE AUBE 2007 春の嵐@仙台サンプラザホール>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |