トップ画像
ハモンドオルガンの魔術師
2012-07-18 Wed 15:34
john lord

元ディープ・パープルのキーボーディストのジョン・ロードが7月16日に亡くなりました。

パープルのアルバムを買ったのは、今からちょうど10年前の2002年でした。

はじめて買ったアルバムは名盤中の名盤「IN ROCK」でした。

ふつう、アルバムをいつ買ったかなんて覚えているものではありませんが、このアルバムはまさしくロンドンで買ったアルバムなのではっきりと覚えています。

ホテルに帰って、友達のCDプレーヤーを借りて、あのアルバムを聴いた時の衝撃....

その衝撃は「Child In Time」という曲で最高潮に達しました。

中間部のリッチーのギターとジョン・ロードのオルガンがユニゾンする瞬間。

あの初期衝動は、10年経った今でもなんら薄れてはいないのです。



安らかに。素晴らしい音楽と感動をありがとう。


R.I.P John Lord

スポンサーサイト

ロック美学 | コメント:2 | トラックバック:0
<<夏イベグッズ&秋ツアー日程 | 大音量ロック美学論 Ver2 | 冷静に考えてみた。>>
この記事のコメント
私が最後にジョンの演奏を聴いたのは
95年のサトリアーニがギターのパープルでした。
ご冥福をお祈りしたいです。
2012-07-19 Thu 21:42 | URL | 1982 #-[ 内容変更] | top↑
>1982さん

こんばんは。僕は一度も観ることはできませんでした。ご冥福をお祈りします。
2012-07-20 Fri 04:21 | URL | ガブリエル@盛岡 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |