トップ画像
THE WALL
2012-06-27 Wed 03:52
ピンクフロイドの名盤と言えば、1stの「夜明けの口笛吹き」にはじまり、たかみー絶賛の「原子心母」、全世界で5000万枚のセールスを記録した「狂気」、そして今日のタイトル「ザ・ウォール」がございます。

floyd


以下、wikiよりアルバムの概要でございます。

ロック・スターと思われる主人公ピンクの人生がストーリー形式で進行していき、そこから人間心理を描き出すという手法を取ったコンセプト・アルバムである。ピンクの人生の過程の中で感じる、学校教育や社会の中での抑圧・疎外感を「壁」に例えている。

ピンクはごく早い時期に父親を戦争で失っている設定で、基本的にはロジャー・ウォーターズ自身を投影したキャラクターと言える。一方で、ロック・スターとして成功しながらもドラッグに溺れて精神が破綻していく姿などには、かつてのメンバーであるシド・バレットの姿も重ねられている面も有る。Disc 2の8〜9曲目は、作品世界中でのピンクによるライブ演奏という趣向である。

1973年のアルバム『狂気』と同様に基本的にすべての楽曲が繋がっており、2枚組全曲を通してひとつのストーリーになっている。

アルバムのほとんどの曲をロジャー・ウォーターズが一人で書き下ろし、アルバムのレコーディングにはバンドのメンバー以外に多くのスタジオ・ミュージシャンが参加している。プロデュースもボブ・エズリンとの共同である。




この動画はオーディエンスショットですが、手ブレもほとんどなくブートで言うところのSランクだと思います。ちなみにオープニングからラストまで完全収録です。必見です。特に1時間28分40秒あたりからはとてもじゃないけど、想像外の演出です。



このアルバムを昨年より、ロジャー・ウォーターズが個人名義で完全再現ライヴを行っているのですが、このライヴのクオリティ半端ないです.....。光と音のファンタジーをステージコンセプトに掲げているアルフィーですが、これまでの照明・ステージセットにはピンクフロイドからの多大な影響を感じさせるものが数多くありましたが、このライヴ映像を観て、やはり欧米のバンドは最先端を行っているのだなー.... と感じました。ホールツアーであのレベルのセットを組むこと自体無理な話なんですが、個人的にアルフィーは映像系の演出が弱いバンドだと思っているので、こういうセンスのある映像演出を観てみたいものですねぇ。
スポンサーサイト

洋楽P~R | コメント:0 | トラックバック:0
<<新録アルバム収録曲発表!! | 大音量ロック美学論 Ver2 | アルフィー夏イベポスター。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |