トップ画像
アルフィー VS アルフィー 7
2012-04-25 Wed 02:33

Juliet VS Romeo ~Cosmic☆Picnic~


ロミオとジュリエットでございます。

どっちも幸ちゃんボーカルのポップスで、発表時期もほぼ一緒。01年はそれこそ現在ツアーポスターにドカーンと載ってる「ブルーフラワー」という名のテレキャスに出会った年ですねー。まぁ、この年はテレキャスしか使ってないんじゃないか?!ってくらいテレキャスにハマっていた時期でしたねー。アルフィーのテレキャスサウンドの代表作は言わずもがな「閃光」だと思うのですが、「Juliet」だって負けちゃいませんねー。なんせ、21世紀最初で最後の幸ちゃんメインボーカルのシングルですから!笑 数えてみたら幸ちゃんシングルはもう11年も出てないのかー....

だからなのか?!ライヴでは演奏頻度が高い曲ですね。個人的には「シンデレラは眠れない」をやるくらいなら、絶えずこっちをやってほしいのですが(いや、そうなったらそうなったで飽きたと言いますけどw)

対する「Romeo」!サウンド的にはこっちも負けていませんよー。この曲もそうだし、最近だと「初恋の嵐」なんかもそうなんだけど、こういうタイプの曲のたかみーのギターにはセンスを感じますねー。よっぽど速弾きしてる時よりもいいフレーズ弾きますよw なのに!アルバムツアーの01年秋以来、たぶん一回も演奏されてませんねぇ... アンコールでの演奏だったんですが... アリーナツアーでは、その部分がそれまで演奏されなかった「Punks Life」に取って代わられ、DVDには収録されないという悲劇っぷり!まさしくロミオとジュリエット。


ってなわけで、やはりライヴでも耳なじみのある「Juliet」に軍配があがりますねー。大事マンブラザースバンドを完全にパクった歌詞は..... ですが、やっぱこっちが好きかな。「Romeo」演奏してくれたらたくさん水をあげますんで、たまには演奏してください!!!

スポンサーサイト

THE ALFEE | コメント:0 | トラックバック:0
<<夏イベ復活! | 大音量ロック美学論 Ver2 | 名曲講座44:Horsemen To Symphinity >>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |