トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
名曲講座37:By The Sword
2012-03-18 Sun 05:56



前回に引き続きスラッシュでございます。

スラッシュの1stソロアルバムに収録されている曲ですが、このアルバムでは曲毎にシンガーを変えているいう(このブログにマッチするシンガーはオジー・オズボーン、レミー・キルミスターってとこでしょうか)

そして、この曲はオーストラリアのウルフマザーというバンドのアンドリュー・ストックデイルというボーカルを起用しています。

昨年の来日公演は初日の大阪だけ開催され、東京・横浜公演は中止になったのですが、その大阪公演で「地震津波被害者とライブが中止となった東京・仙台のファンに捧げる」といって演奏されたのがこの曲というわけです。音楽的にはスラッシュが得意とするブルージーなハードロックで、土っぽい雰囲気がたまらないですねェ。これぞアメリカが産んだ文化とも言えるでしょう。

それでは、この曲の歌詞の一節を.....



お前が両足をこうしてしっかり地面につけていれば

見失われたものも まだ見つけ出せるはず

そうさ 沈みかけた太陽を追いかけて走り出そうとする者もいる

そして ついに旅が始まったようだ






スポンサーサイト

名曲講座 | コメント:0 | トラックバック:0
<<名曲講座38:Mr Crowley <ランディ・ローズ30周忌> | 大音量ロック美学論 Ver2 | 名曲講座36:Godfather Solo>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。