トップ画像
3.11
2012-03-11 Sun 15:00
1年ですかぁ.....


思い返せば、色んなことがあったような気がします。


音楽ブログらしく、ここでは音楽の話のみに留めておきますが


やっぱり、今思い返しても、去年の春ツアーのZepp Sendai公演は


自分の人生、ライヴ史にとって非常にメモリアルなライヴだったような気がします。


たかみーが会報で


「あの仙台のライヴは伝説でも幻でもなく、紛れもない現実なのだ」


というようなことを書いていましたが


あー、確かに「現実の出来事」として起こったことなんだと納得しました。


数年後、あるいは数十年後に、あのライヴが自分の中で「伝説」として昇華されたとしても


あの2011年6月13日にアルフィーがZepp Sendaiでライヴを行った


ということは、あの時点で現実だったんだなーと。




たぶん、あの震災以降、アルフィーファンに限らず


音楽を愛する方にとっては


それぞれが、それぞれの音楽に対する向き合い方


あるいは、いつも聴いていた曲がいつもと違って聴こえた


そんな現象を体験したと思いますが


それこそが音楽の持つ力なのではないかな、と、そんなことを考えていました。


あの震災で失ったモノの数は莫大だと思う反面


この日本で生きている者として


実は得たモノもたくさんあるでんはないかと


一年経った今思います。


まだまだ復興には時間がかかるであろう事実を受け止め


自分自身、一人間、一日本人として


真摯に前進していけたらと、そう思います。


亡くなった方の、ご冥福を心を込めて。








スポンサーサイト

Do The Talking! | コメント:0 | トラックバック:0
<<THE ALFEE/生きよう | 大音量ロック美学論 Ver2 | アルフィー VS アルフィー 6>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |