トップ画像
アルフィーVSアルフィー 5
2012-02-19 Sun 05:05
Masquerade Love VS Last Of Eden


似てる。と思うんですよね(笑)

曲の種別的には確実に同系統かと。曲の舞台になっている、前者のエルサレム、後者のエデンの園(失楽園)は場所的にも近いようで、個人的にLast Of EdenはMasquerade Loveを現代版にアップデートしたような曲だなっていう印象です。それぞれの曲の歴史は言うまでもありませんが、歌詞的にはどちらも禁断の愛や、報われない思いを歌っているのですが、Last Of Edenの方はファンタジーながらもまだ現実感がありますよね(たかみー自身、意識してそう書いたと言ってましたし)逆にMasquerade Loveはなんのこっちゃ... という。そもそも日本人でエルサレムに向けて祈ってる人はそうはいないでしょうしね個人的に面白いのは「緑の黒髪」の意味をこの曲で知ったという。最初は緑なの?黒なの?って戸惑いましたよねー。

ライヴでの演奏に関して。

Masquerade Loveは、まさに「どの位置で歌ってもキマる曲」ってイメージですね。オープニングでも本編ラストブロックでも、アンコール1回目でも。いつぞやの夏イベではオーラスでしたし(笑)Last Of Edenは2ツアーでしか歌われてないのでなんとも言えませんが、本編以外には向かないかなー。それはAメロの疾走感の違いによるとこかなー、と思います。

で、やっぱりどちらが好きかというとMasqurade Loveに軍配かなー。なんといっても、この曲のアウトロの幸ちゃんのギターはカッコよすぎる!!!極端の話、曲の全体像としてはLast Of Edenの方が好きなんですが、このアウトロ一発で全部ひっくり返しちゃうくらいのフレーズだと思っています。もし!幸ちゃんに1曲弾いてもらえるとしたら、ここのフレーズを弾いてもらうかなぁ。春ツアー、2曲続けてやらないかなー。やりませんね。


スポンサーサイト

THE ALFEE | コメント:0 | トラックバック:0
<<名曲講座33:Wolf To The Moon | 大音量ロック美学論 Ver2 | アルフィーVSアルフィー 4>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |