トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
アルフィーVSアルフィー 4
2012-02-17 Fri 11:20
Since1982 VS TIME AND TIDE



どちらも、ライヴのオーラスに歌われることが多い、アルフィーの中でも特別度が格段に高い2曲ですねー。前者はホールツアーではほぼ歌われませんし(06年春ツアーはほぼレギュラー扱いでしたが、何故あの位置だったんだろう)、後者もホールツアーでは本編ラストorオーラス率が非常に高いですね。

んで、先に結論から言うとTIME AND TIDEの方が個人的には好きですね。メロディや演奏もそうですし、歌詞の世界観が好きですねー。海っていう不変の存在を前に、物事は時間と潮の流れによってすべて変わるという法則と、傷つけた恋人に対して新しい愛が芽生えて変わっていくという被せ方がとても素敵ですね。

Since1982も「ここから」っていう気持ちを全面に押し出したような、優しいバラードですね。どちらの曲もブレイク前夜に発表された曲なので、気持ち的には今より強いなにかを感じるような気がしますね。春ツアーでTIME AND TIDE聴きたいけど、海を連想させる曲はしばらくはないかもしれませんね。。
スポンサーサイト

THE ALFEE | コメント:0 | トラックバック:0
<<アルフィーVSアルフィー 5 | 大音量ロック美学論 Ver2 | 名曲講座32:Ain't Talkin' Bout Love>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。