トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
アルフィーVSアルフィー 3
2012-02-14 Tue 20:46
ジェネレーションダイナマイト VS 鋼鉄の巨人


ギターヒーローシリーズを書こうと思ったら、イングヴェイやったばっかだしなんか思い浮かばなかったのでw ってことで、世代爆弾対鋼鉄の巨人。これはめちゃくちゃ難しいですねー... ぶっちゃけSWEET HARD DREAMERはこの2曲に比べると劣るんですよねェ。どちらも過渡期を代表するハード・アルフィーを決定づけた名曲で、一時期まではどちらもライヴでの演奏頻度が高い曲でした。今はどちらもほとんどやりませんが...CDに収録されてる音源は、ぶっちゃけ今聴くと結構「ショボイ」んですが、やはりこの手の曲が映えるのはライヴ!!ジェネダマだとイントロがCDとでは若干変わっていて、鋼鉄の巨人はギターは変わらないけどコーラスがアレンジされている。この辺はどっこいどっこいなんですよねェ。判定が難しいのであえて言うならば...

曲として好きなのはジェネダマ、ライヴで聴きたいのは鋼鉄の巨人。

って感じでしょうか。個人的にジェネダマのギターソロは高見沢ギターソロ史上最も好きなソロなので、曲としてはここを超えれないかなぁ...と。でも、ライヴでの鋼鉄の巨人はイントロのドラムも含めて超大音量で聴きたいという。なんだろ、DVDで済んでしまう曲と大音響のライヴでなきゃ済まない曲。っていうのかな?最後に鋼鉄の巨人を生で聴いたのは06年秋@仙台のアンコールだったんだですが「次は... アルフィーの冬の夜空にぴったりなバラードを聴かせてやるぜェ... 鋼鉄の巨人~~~~~~~~~~~!!!!!」っていう台詞の残響が消えないうちにイントロのドラムがはじまった時のカッコよさといったら、もう.....。春ツアーで演奏される確率は0.6%くらいだと思うんだけど、たまにはラストをこういう曲で締めくくるのも、どうですかね???


スポンサーサイト

THE ALFEE | コメント:0 | トラックバック:0
<<名曲講座32:Ain't Talkin' Bout Love | 大音量ロック美学論 Ver2 | 名曲講座31:Bad Boys>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。