トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
名曲講座30:Into The Arena
2012-02-13 Mon 00:00



神。


ギタリストで敬称つけられてる人シリーズということで(笑)一発目はやはり神でしょう!曲は80年発表の「Michael Shenker Group」に収録されています。バンド名とアルバムタイトルが同じでございます。な・の・に!邦題が「神 ~帰ってきたフライングアロウ~」だったことから、マイケル・シェンカーは神と崇められることになりました。味噌なのは帰ってきたという部分で、これがどういうことかというと元々はイギリスのUFOというバンドのギタリストだったのですが、ドイツ人だった神は英語が話せずフラストレーションがたまり突如失踪!!!そしてカムバックアルバムという事で「帰ってきた」なのです。フライングアロウはフライングVを意味しています。

曲はオーソドックスかつシンプルな構成なんですが、最大の魅せ場はなんといってもラストの緩急と哀愁が同居した至極のギターソロでしょう!!特別難しいことも珍しいこともしてるわけでもないのに、これだけ人を弾きつける魅力があるインスト曲も珍しいでしょう。まさしく、シンプル・イズ・ベストって感じですね。名曲です。


スポンサーサイト

名曲講座 | コメント:2 | トラックバック:0
<<名曲講座31:Bad Boys | 大音量ロック美学論 Ver2 | 名曲講座29:Hallowed By Thy Name>>
この記事のコメント
おおっ いんとじありーな 大好きであります♪
大体このアルバム、ヴォーカルの人がアレなんで、
インストの良さが一際目立つわけで~♪

可哀そうなミヒャエル君は、UFOで、フィルモグ君にいぢめられたんですよぉ~ おまけにヤクでダメになりかかったらしい・・・
で、「復活」みたいな表現をされたわけなんですが
当時の代表的音楽雑誌のMUSICLIFEの取り上げ方が また、なんつ~か、扇動的っちゅうか・・・
アイドルに仕立て上げていった感じであります 笑
2012-02-13 Mon 11:08 | URL | 虹 #-[ 内容変更] | top↑
>虹さん

神はボーカルに恵まれませんからねェw

このアルバム、いいですよねェ。アルフィーのトラベリングバンドなんて1曲目をモロにパクってますしw

そーいやUFOも新作が出るんですが、カッコいいですっけよ!
2012-02-14 Tue 20:31 | URL | ガブリエル@盛岡 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。