トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
アルフィーVSアルフィー 2
2012-02-04 Sat 03:50
幻夜祭 VS Nouvelle Vague


90年代アルフィーを代表するプログレチューンといえば、この2曲。

よくよく考えたら、どちらもアルバムの2曲目に収録されているんですね。ただ、サウンド的にはまったくの別物で幻夜祭はドリームシアター直系の難解プログレハードなのに対して、Nouvelle Vagueはストリングスをふんだんに取り入れたオーケストラの趣が強いので、そこまでプログレ!って感じはしませんよねぇ。歌詞のモチーフも学生運動と、フランス革命。うーん、アルフィーって幅広いななぁ(笑)

でも、個人的には迷うことなく幻夜祭に軍配です。やっぱ、あのゴリゴリした音はたまらないですねー。ハモンドオルガンも暴れまくってますし、二字熟語を羅列していく作詞パターンも数百ある楽曲の中でこれだけ。軋轢、という言葉をこの曲で知った方は多いんじゃないですかねーこの曲の中で1番好きな言葉が「幻想REVOLUTION」。この言葉の組み合わせはやっぱりすごいなーと思いますよね。日本語と英語を組み合わせてひとつの言葉にするパターンってのも、なかなかないような気がします。

幻夜祭のモチーフでもある、学生運動が盛んだった頃、アメリカでは「フラワームーブメント」が流行っていました。ででん!


alfee


サイケな感じできたかー!!!

ポップで結構好きかも。でも、オマケ感たっぷりのアコギとベースはいらないなぁー.....

盛岡先行予約も間もなく!!!チケット取れなかったら..... どうしよう



スポンサーサイト

THE ALFEE | コメント:0 | トラックバック:0
<<名曲講座23:It's So Easy | 大音量ロック美学論 Ver2 | アルフィーVSアルフィー>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。