トップ画像
名曲講座18: World Painted Blood
2012-01-26 Thu 01:59



スレイヤーでございます。曲は訳すると「血塗られた世界」。

エクストリームメタルの神様的な存在で、スラッシュメタル四天王として世界的に讃えられているバンドでございます。彼らがスゴイのは、同じような楽曲・同じようなアルバムしか出していないのに、その威厳を持ってしてセルフパロディ化しないところだと、個人的には思っています。普通のバンドでも、あの曲とここが似ている、みたいなことってあるじゃないですか?スレイヤーの場合、アルバムを5曲目くらいまで聴くと全部同じにしか聴こえない状態に突入してしまうんですが、何故かそれも愛嬌に思えてしまうという不思議なバンドでございます。

ただ、高見沢先生の申し子である私は、基本的に美しいメロディを愛している人間なので、この手のジャンルははっきり言ってスレイヤー以外には聴いておりません(いや、たぶん聴いたらキリがない)


スポンサーサイト

名曲講座 | コメント:0 | トラックバック:0
<<名曲講座19:The World Became The World | 大音量ロック美学論 Ver2 | 名曲講座17:Real World>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |