トップ画像
名曲講座13:Iron Man
2012-01-10 Tue 15:15


ブラック・サバスのギタリスト、トニー・アイオミが癌を患っていることを公表した。早期の悪性リンパ腫で、英国にて治療を受けるという。

月曜日(1月9日)、トニー・アイオミのオフィシャル・サイト(Iommi.com)およびブラック・サバスのFacebookに以下のようなメッセージが掲載された。

「ブラック・サバスのトニー・アイオミが早期の悪性リンパ腫と診断されました。彼のバンド・メイトたちはいま、みんなにギタリストへ向けポジティヴなヴァイブを送って欲しいと願っています。アイオミは現在、医師と一緒にベストな治療法を確立しようとしているところです。ロックンロールの“アイアン・マン”は依然、楽観的であり、完治すると決意しています」

バンドは、プロデューサーのリック・ルービンとともにLAで新作のレコーディングを行なっていたが、ロンドンに場所を移しアイオミと作業を続けていく予定だという。

ブラック・サバスは昨秋、オリジナル・メンバーでのリユニオンを発表。2012年5月から世界ツアーをスタートすることになっている。





ディオの癌が公表されたときも「大丈夫です。ロック界のネオンナイツは不死身です」みたいなアナウンスがあったけど..... 大丈夫なんだろうか。。。ということで、今回紹介する曲はブラックサバスの2ndに収録されております「アイアンマン」でございます!!アイオミ先生はリフマスターとして知られていますが、やっぱりサバスを聴いていつも思うのは「異端だな」っていうことです。今ではヘヴィメタルって結構そこかしこに溢れていますけど、この70年代初頭にこんな音出してるのは彼らだけですからねェいわゆるアイオミ先生が生み出す暗黒的ギターリフは「Master Of Reality」である種の完成系に立つわけですが。オリジナルのブラックサバスは長い歴史の中で、なんと一度も来日公演を行っていないので、アイオミ先生には元気になってもらって、来年再来年あたりには今度こそ来日して往年の暗黒リフを日本列島に響き渡らせてもらいましょう!!!

スポンサーサイト

名曲講座 | コメント:0 | トラックバック:0
<<名曲講座15:Moonlight Shadow | 大音量ロック美学論 Ver2 | 名曲講座12:Heat Of The Moment>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |