トップ画像
2011年ライヴ総括
2011-12-26 Mon 22:09
himuro

2011年の初ライヴは、初参加となる氷室京介@盛岡市民文化ホールでした。5年前くらいから結構聴いてたんですが、地元盛岡に来るということで、あの手この手を使って参加してまいりましたw いやー、カッコよかったですわ。アルフィー以外の邦楽アーティストは参加しないんでわかんないんですけど、基本MC少ないんですねーwほんと、アルフィーって長いんだなーと。よく海外に行くことで、日本の良さがわかるって言いますけど、今になって思うのはそれに似たような感じですかね。また盛岡に来ることがあれば、是非とも参加したいですね!!!



alfee

アルフィーとしては数十年ぶりのライヴハウス公演!メンバーすらいつ以来か覚えてないという.... このライヴはほんと人生でベスト3に入るくらい心に残ったライヴでしたねー...... ラスト2曲の衝撃というのは、ちょっと今までに感じたことのない類のモノでしたし、たぶんこれからもあの時と同じ感覚を味わうことはないと思えるくらい。あの時、あの場所だけでしか感じえない「なにか」がありましたねぇ。ラジカルティーンエイジャーは今まで何度もライヴで聴いてきて、個人的には03年の夏の大雨の中でのラジカルが印象的だったんですが、ちょっと上回っちゃいましたね。僕の中では。


alfee

ちょっと春が衝撃的過ぎて、それに比べると.... っていう感じは隠し切れないんですが、やっぱ感動するんですよねー。ラストは春と同じくラジカルティーンエイジャー。この曲は今までもこれからも、自分の中では「いつも」スタンダードな曲だったんですが、その思いがいっそう強くなったライヴでした。


aerosmith

ラストは、これも初参加のエアロスミス。たかみーがツェッペリンなら、僕はエアロスミス。と言えるくらいロックに対する初期衝動を強く感じたバンドなので、感慨深いモノはありましたねー(全然見えなかったけどw)ちょっと、今度からはドームじゃなくても遠いけど頑張って狭い名古屋とかに行くべきかなーとw いい教訓になりました。


4本参加と例年と同じくらいの参加本数でした。本当であれば、もう1本3月にスラッシュのライヴを観ていたはずなんですけどね.... それについての思いとかみたいなモノは、また後日書きたいと思います。


スポンサーサイト

LIVE REPORT | コメント:0 | トラックバック:0
<<2011年を振り返って | 大音量ロック美学論 Ver2 | 名曲講座11:Ghost Of A Rose>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |