トップ画像
音楽 2
2011-08-29 Mon 07:05
高校に入ってからも、相変わらずアルフィーと洋楽を聴き漁っていたわけですが、今でも思い出す3大衝撃がございましてね。以前の記事にハードロックを聴くようになったのはBON JOVIを聴いたから.... と書きましたが、言ってみればそれを遥かに超える衝撃。カッコよさが桁違いだ..... と思ったバンドに再会(?)したのです。

それがエアロスミスでした。話が遡るのですが、僕が中学2年の時に、みなさんご存知の映画「アルマゲドン」の主題歌をエアロスミスが担当して、これが日本でも大ヒット。一般的にエアロスミスと言えばこの主題歌であった「I Don't Want To Miss A Thing」だと思うのですが、これにはハマるもその後買った「NINE LIVES」というアルバムには、やはり後に訪れるBON JOVIほどの強い衝撃は受けなかったんですよねー。で、何故中学時代にハマらなかったエアロスミスに高校になってからハマったからというとMTVでエアロスミス特番が組まれていたからなんです。興味の対象外ではないので、これを録画してみたんですが、エアロスミスの歴史を辿り最期にミニライヴが行われるという番組で、そのライヴ映像が尋常じゃなくカッコよかった!!!もう、これに尽きますね。その時の映像がこちら。



ほんとにビデオが擦り切れるくらい何度も観ましたねー。Train Kept A Rolli'nという曲でスティーヴンから一瞬だけジョーにスイッチ(ボーカル)する瞬間が今観てもたまらなくカッコいいんですよねー(7分49秒あたり)これが高校時代第一の衝撃でしたね。そんなエアロスミスが秋に7年ぶりにやってきます!これは参加決定なのですが、10年近い時を経てこの目で本物のエアロスミスが観れると思うと感慨深いですね。

つづく

スポンサーサイト

ロック美学 | コメント:0 | トラックバック:0
<<音楽 3 | 大音量ロック美学論 Ver2 | ロンサムシティ 2>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |