トップ画像
音楽
2011-08-03 Wed 16:54
ベイエリアから25年経ったんですねー。

まァ、僕はまだこのライヴが行われた当時生まれて8ヶ月なので振り返りようがないのですがちょっと、自分がファンになったきっかけというか、どうしてアルフィーを好きになったのか、はたまたなんで洋楽を聴くようになったのかを振り返ってみましょうか@たぶん過去記事と重複するような記事になりますが、ご容赦を。。。

アルフィーをはじめて認識したのは、冒険者たちのときでした。えぇ、モンタナジョーンズ世代ですからw そのあとLOVE NEVER DIESを歌番組で聴いた記憶もあるんですが、ちょっと曖昧。んで、Brave Loveもリアルタイムで知っていましたねー。当時はプロレスに熱中する少年だったので、CDは買わなかったんですが歌番組はちゃんとチェックしてて「いい歌だなー」と思っていた記憶があります。それから一年後かな。今はなき盛岡のあるレンタルビデオ屋に行ったら、レンタル落ちのシングルが三枚で100円!というお金のない中学生にはありがたいセールコーナーがございまして、そこで買ったのが「LOVE NEVER DIES」だったというわけです(ちなみに曖昧だけど、もう1枚はパーソンズで、もう1枚は完全に記憶がないですねw) で、買ったはいいけど100円だから買ったわけで「欲しい!!」と思って買ったわけではないので、しばらくは机の引き出しの中に眠っておりました。

それからしばらくして(たぶんJustice For True Loveが発売になったのと同時期くらいかな?)あ、そーいえば買ってたわとか思いながら聴いてみると、そりゃあもう賢さんの歌声に一発KOでしたね。こんなに歌のうまい人がこの世にいるのか?!というくらいに。カップリングのGLORY DAYSの間奏の部分とかもすごく気に入って、ちょっとシングル集めてみよーってな感じでのめりこんでいきました。ちなみに、次はブックオフで「まだ見ぬ君への愛の詩」を買いましたw ちょうどこの時期にアルフィー@盛岡のCMが流れていて、行きたい!と思ってから人生が変わったのでしょうね。中学生の僕は「どうせアルフィーなんて人気ないから、初日に電話しなくてもチケットはあまってるだろ」と思ってチケット発売の翌日に電話したら、完売!!!


アルフィーって人気あるの???


とか思いつつ、何故かライヴに行くことが諦めきれず、少年はキャンセル待ちに応募!!!w 見事にこのキャンセル待ちに当選し、1999年12月5日、はじめてアルフィーを生で観るのでした。ちなみにライヴで演奏された曲は2曲くらいしか分からず、幸ちゃんがMCで「初めての方もいらっしゃると思いますが、知らない曲がありましたら、お隣の方に聞いてください。アルフィーファンは教えたがりな人ばかりですからw」って言ってたもんだから、よっぽど聞いてもいいのかな..... と思いましたよ......

曲はわからなかったけど、なんかアルフィーすげえ!と思って初めて買ったアルバムがオーブでしたね。このつぎのAUBE2000春ツアーは盛岡がなかったので参加できませんでしたが、この秋のツアーではすっかりファンになって(マニアにも入会してたなー)それからは全ツアー参加してますね。01年になると、プロレス業界の盛り上がりが下火になっていくと共に、自分の熱も醒めて完全にアルフィー1本。中学3年くらいから洋楽も聴いてたんですが、01年くらいはまだアルフィーしか聴いてないような時期だったかな.... それほど洋楽にのめり込んでる感じではなかったですね。

んで、何故アルフィー以外は洋楽しか聴かなくなったか?というと、中学三年当時「洋楽を聴いてるヤツはカッコいい」みたいな風潮があったんですよー当時はモー娘。全盛期で、そんなのを聴いてるヤツより洋楽を聴いてる方が洒落てるぜ!みたいなw まァ知識も好みもなく単にファッションとして聴いてただけですから、R&Bとかヒップホップも買ってましたねー。ただ、ハードロックに進む道標が完全に見えたのはボンジョヴィの「CRUSH」というアルバムを買ったことですね。00年発売で、発売日に買ったような気がするんですけど、これがカッコいいったらありゃしなくて!!!8割はアルフィーだけど、2割は洋楽のロックバンドっていうシフトでしたねー。なので、ここからは洋楽の何かを買うといったら、完全にハードロック系のバンドばかりでしたね。


つづく
スポンサーサイト

ロック美学 | コメント:0 | トラックバック:0
<<春ツアーDVD | 大音量ロック美学論 Ver2 | こんなのも聴くんです@邦楽編>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |