トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
関根史織×高見沢俊彦 プログレ対談
2011-07-18 Mon 22:07
おもしれーwww

あんまり、たかみー放送でこういう話しませんからねェ。

このブログ観てる方でプログレ好きな人ってあんまりいないと思うんで、知ってるバンドに限り!放送中に名前が出たバンドを軽く紹介していきたいと思います。

まずは、たかみーオススメ。



アフロディーテズ・チャイルドの「Rain And Tears」という曲です。たかみーが紹介したアルバム「666」の曲ではないのですが、個人的にはベタと言われようがアフロディーテズ・チャイルドの名曲と言ったらこれ!1stアルバムのシングルカットで、1968年当時ヨーロッパを中心に大ヒットを記録した名曲ですね。これだけ聴いたらプログレっていうよりはポップソングなんですけどね




これがフォーカスの「悪魔の呪文」。Moving Wavesというアルバムの1曲目に収録されています。前代未聞!ハードロックとヨーデルの組み合わせというw ギターはかっこいいんだけどなぁ...... って感じの笑える曲です。ちなみにこのアルバム、この1曲以外はオランダの田園風景と湖が目の前に広がるような美しいアルバムなんですけどねェ......w


クリムゾンは結構語られているので省略。ここからは関根史織さんのオススメ~




関根史織さんが紹介してたのはバンコのファーストなんですけど、持ってないのでセカンドのこっちを。アルバムタイトルは「Darwin」。タイトルのまんま「ダーウィンの進化論」をテーマにしたコンセプトアルバムで、曲間の途切れがない作品になってますねー。迷宮のダンジョンを歩いているような深遠なサウンドが魅力。




マイク・オールドフィールドの「Moonlight Shadow」。放送ではチューブラー・ベルズを紹介していましたが、エクソシストのやつといえばみんなわかるので、あえてこっちを。と言っても、これも結構有名な曲で確かビルボードチャート1位を獲得してるはず。プログレ要素皆無のポップスですが、名曲です。



これ以外にジェスロ・タル、キャラバン、ゴングの名前があがってましたがCDは持ってないのでスルーしときますw

んにしても意外だったのは、たかみーイタリアンプログレは聴かないのかぁー。まぁルーツ的にはブリティッシュなのは当然だけど、結構意外だった。イタリアンプログレはクラッシク要素が強いので好きなんだと勝手に思っていたのに!!!

それと、今日ツボだったのは関根史織さんの話を「うん、うん、うん」と聴くたかみー。なんか恋愛相談されて「そうだよねー、うん、うん」って頷いて上げる優男みたいな感じが素敵だった次はもっとマニアックな対談を希望。楽しかった~!!

スポンサーサイト

THE ALFEE | コメント:0 | トラックバック:0
<<アルフィー秋ツアー日程 | 大音量ロック美学論 Ver2 | Takamiy Classics 収録曲>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。