トップ画像
THE ALFEE/LET IT GO
2011-05-03 Tue 10:19
alfee

本来は3月発売予定でしたが、震災の影響で発売延期になり本日発売です。早速昨日フラゲしましたのでレビュー書いてみましょうか

1.LET IT GO

大阪国際女子マラソンのテーマソングがシングルになるのは07年以来ですか。シングルとしては21年ぶり(?)のスイッチボーカル曲ですねまぁ幸ちゃんの渋いアコギ以外、いつもと変わらないマラソングなのですが、やはり震災があった後で聴くとグッとくるものがありますね......。

2.冒険者たち

いやー、これは難しい(笑)ジャズの雰囲気はしっかり継承しつつ、ソロがよりハードになってますね。プログレ嗜好が全面に出ていてノッてたら腰があららら~って砕けちゃいそうなリズム(汗)個人的に残念だったのは1分34秒あたりのブラスの音からドラムが入ってくる部分ですかねー。原曲とけたたましさが違いすぎる..... まぁ技術の問題だけでなくミキシングの問題もあるんでしょうが.......。さり気なくイントロよりもソロよりも好きな部分だったので個人的にはげんなりでした

3.二人のSEASON

イントロがユーライア・ヒープの「Wake The Sleeper」って曲にそっくりだなー(笑)これは似たんじゃなくて似せたんでしょうこれもリズム感がめちゃくちゃというか.... あー、ハードロックアレンジって書いてるのにプログレしちゃった!!!みたいな雰囲気ですね。「I Love You」の部分はカッコいいですねー。ソロは原曲のほうが好きかなー。



正直、新曲よりもセルフカバーの方に興味があったんですが、可もなく不可もなくって感じですね。ただ感心したのはちゃんとギターソロを構成していること。これに尽きます。02年くらいからしばらくソロが適当というかアドリブでなんとなく弾いてみました、みたいな構築性の欠片もないようなソロばっかりでしたが、やはり07年にソロを始めてからしっかりギターソロを構築するようになりましたね。ちなみに冒険者たちのギターソロ部分に限っては原曲よりも好きですねー。その部分が何よりの収穫でした。


PS

「Weekend Shuffle」はゆうせんにリクエストして聴いたけど、それほどプログレ感はなかったような.....?まぁ強いて言えばシンセがイエスっぽいような雰囲気はしたけど。そして「二人のSEASON」のイントロの元ネタはこれ。



スポンサーサイト

THE ALFEE | コメント:2 | トラックバック:0
<<アルフィー仙台公演について。 | 大音量ロック美学論 Ver2 | 氷室京介がBOOWY時代の曲のみでドーム公演開催。>>
この記事のコメント
>>ちゃんとギターソロを構成していること
これ、大いに同感です。
アタシも、王子がソロ活動を初めて以来
ギターソロが変わったな、と思っていました。
ここのところ、それがアルフィーとしての楽曲でも結実していますよね。

“冒険者たち”の1分34秒あたり!!。
ここ、アタシも大好きです。
ライブでは黄色い声を張り上げて王子を煽って(いるつもりで)います。
2011-05-06 Fri 22:40 | URL | 梅屋千年堂 #-[ 内容変更] | top↑
>梅屋千年堂さん
やっつけ仕事的なソロから80年代風の構築性のあるソロに戻りましたね。ソロはアルフィーに還元するという言葉もまんざら嘘でなかったんだーと(笑)
2011-05-09 Mon 01:30 | URL | ガブリエル@盛岡 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |