トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
DUFF McKAGAN'S LOADED/The Talking
2011-04-20 Wed 19:27
duff

2011年発表作品

1. Lords of Abaddon
2. Executioner’s Song
3. Dead Skin
4. We Win
5. Easier Lying
6. She’s An Anchor
7. Indian Summer
8. Wrecking Ball
9. King of the World
10. Cocaine
11. Your Name
12. Follow Me to Hell

13. Cocaine (Acoustic)
14. Run Away (Acoustic)
15. King Of The World (Acoustic)


元ガンズのベーシスト、ダフ・マッケイガンが主宰するローデッドの3rdフル。この人の根底にはパンクロックが根付いているんですが、本作では過去にパンテラなどを手掛けたテリー・デイトをプロデューサーに迎えて、ガンズに関わるミュージシャンとしては過去に例を見ないほどへヴィな音作りになりました。パンクのパの字もないほど重厚で怒りに満ちた音は、ダフに期待する音とかけ離れているという意味では肩透かしを喰らいますが楽曲の充実度は平均値を維持しているあたりはさすが。ただ、日本盤にはボーナストラックが3曲入っているんですが(すべてアコースティック)こっちの方が「らしさ」を感じてしまう分、本編の内容には複雑な思いを抱いてしまったというのも否定できません。歌詞の内容は政治腐敗や人間関係の崩壊など、怒りに満ちたモノが多いですが唯一4のWe Winだけは音も歌詞も前向きなメッセージが込められています。このCD、友人に頂いたモノなんですが、震災からしばらく経って聴くWe Winにはホロっときましたね。


本気を出すとき 血と涙を拭い去って

鋼鉄の意志は否定できない

この瞬間を待っていたんだ

俺たちは勝つ 俺たちは勝つ そう、俺たちは勝つ


We Winより







スポンサーサイト

洋楽D~F | コメント:0 | トラックバック:0
<<KKダウニングが引退を発表.....(追記あり) | 大音量ロック美学論 Ver2 | HEAVEN AND HELL/The Devil You Know>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。