トップ画像
HEAVEN AND HELL/The Devil You Know
2011-04-19 Tue 22:39
389b3bf1.jpg

2009年発表作品

1. ATOM AND EVIL
2. FEAR
3. BIBLE BLACK
4. DOUBLE THE PAIN
5. ROCK AND ROLL ANGEL
6. THE TURN OF THE SCREW
7. EATING THE CANNIBALS
8. FOLLOW THE TEARS
9. NEVERWHERE
10. BREAKING INTO THE HEAVEN



ディオ+ブラックサバスがHEAVEN AND HELLというバンド名義で92年以来、15年ぶりに復活したのは2007年のこと。そこからバンド内にマジックが生じたことを感じたメンバーは新作の制作に取りかかり、復活から二年後にリリースされたのがこのアルバム。惜しくもボーカルのロニー・ジェイムス・ディオは昨年五月に胃癌により天に召されてしまったので、事実上このアルバムがこの名義では最初で最後のアルバムとなってしまいました。

個人的にはディオがサバスに加入して発表された1作目のアルバム「HEAVEN AND HELL」の様式美と暗黒世界の絶妙なマッチングを期待したかったのですが、再結成のきっかけになった07年に発表されたディオ時代のみのベストアルバムに収録されていた新曲3曲がそんな雰囲気でもなく..... まぁ、言わばその3曲の延長線上にあるのがこのアルバムと言ってもいいでしょう。

トニー・アイオミの地を這うような重々しいギターリフは健在で、時折ディオが様式美のエッセンスを醸し出しますが基本的には初期サバスに近いような作品だと思います。オジーとディオでは歌唱法もスタイルも異なるシンガーなので、言ってみれば初期サバスのディオ風解釈といった所でしょうか。個人的には1と3が好きで、特に3は名曲「HEAVEN AND HELL」に通じる精神性のようなモノを感じますね。発表当初はあまり馴染めずにいたアルバムなのですが、この暗い状況で聴くと感慨深く聴こえるものですね.... 決して元気になれるアルバムではありませんが、何かしら思うことがそれぞれにあるような..... そんな作品であると思います。



堕ちるのは簡単だが 立ち上がるのは至難の業だから

一緒に力をあわせて立ち上がらなきゃいけない

これが変革

パワーとハーモニー

でも永遠なんて有り得ない

原子と邪悪


Atom And Evil より







スポンサーサイト

洋楽G~I | コメント:0 | トラックバック:0
<<DUFF McKAGAN'S LOADED/The Talking | 大音量ロック美学論 Ver2 | PINK FLOYD/Atom Heart Mother>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |