トップ画像
高見沢俊彦 Kaleidoscope Ⅱ ~鋼鉄天使の凱旋~@仙台電力ホール
2008-08-07 Thu 00:00
ヘドバンし過ぎて首がむち打ち状態です。

仙台行って参りました昨日の仙台は七夕祭りと花火大会があったらしく、いつもの倍以上の人混みで、渋谷歩いてるような感覚でした。そして、七夕より花火より熱い熱い鋼鉄雷舞を堪能してきましたよ。もう凄かったです。早速レポートです

会場は仙台電力ホールZepp Sendaiが抑えられなかったらしく、最初は仙台公演は見送りだったのですが追加公演でこの会場に決定。キャパも1000人程度で、ライヴハウスに近いような雰囲気の会場でした。開演前のBGMはクラシックだったのですが、1曲だけツェッペリンをクラシックにアレンジしたような曲があったような気がするんですよねぇ..... 気のせいでしょうか18時20分開演予定でしたが、ちょっと押したところで1ベル。アナウンスのあと、ようやく鋼鉄天使達が凱旋です

takamiy

ゴシック風のクラシカルなSEが流れる中、まずルークとKOJIが登場。ツインリードで様式美なギターを奏でます。そして、メロイックサインをしながら高見沢登場衣装は全身シルバーで、いたるところにラインストーンが配色されているキラキラの王子様衣装髪はストレートでした。ツインリードからトリプルリードに変わり、ブレイクを挟んで1曲目に突入~

1,Kaleidoscope

予想通りです5列目ということもあり、完全に表情が把握できるような席でもう高見沢以外には終始目がいきませんでした。しかも頭振る以外はまじまじ見つめてしまうという(笑)

2.君に会いたい

グラムロック・アレンジからメタル・アレンジに変わりましたね個人的にはこっちの方がハマってると思うのですが如何でしょう???

3.O.Z.Y

~MC~

4.千年ロマンス

イントロのコーラスが太郎との2声その上手さにびっくり。イントロ後の歓声は高見沢にじゃなくて、太郎に向けられていたのが90%だと思います(笑)2番で途中歌詞が飛んでました

5.Super Star

~MC~

あるTV収録でスタジオを出ようとしたら、出番待ちか何かの子供たちに遭遇。子供たちは不思議なものを見るような目で、高見沢を見ていたとのこと。さ~っとスタジオを出た瞬間、子供たちは「すたっふぅぅぅ~の人じゃない??」と言っていたそうな。俺もまだまだとのこと。

本家アルフィーでは春ツアーで愛をテーマにしたセットリストで、その流れを汲んでこれまで感動した映画は「ある愛の詩」と言って、黙り込むもそのイントロを誰もひかないから(坂崎担当)「あ!いないんだった!」とぼけてました(笑)話の締めで、これまでこんなに涙がボロボロ出た映画はありませんでした、その主題歌を..... といって曲紹介。

6.ヤマトより愛を込めて

ツアーポスターのカジノ1本での弾き語りでした。かなり味があってよかったですよ

~MC~

7.天使の奇蹟

個人的にはかなりライブで化けたと思うw

8.愛の偶像(ラブ・アイドル)

9.Desire Red Rose 2008

奈良をテーマにした曲の後に、ベネツィアをテーマにした歌が続くという(笑)違和感はなかったです。

~MC~

昔、まだ売れてない時代に本家でこの会場を使ったことがあると。その時はフォーク紀行というツアータイトルだったんだけど、客席はまばらだったそうで。それがメタル紀行で来てみたらこんなにお客さんが!!!最初からメタル紀行をやってりゃよかったと冗談交じりに話していました。

10.まほろば (さだまさし カバー)

本人に了承を得て、メタルアレンジに。ただ原曲知らないんですよねぇぇぇ

11.禁断の果て

イントロはカットでした。。ここでも(たしか)2番の歌詞が完全に飛んでました

12.白夜 -Metal Byakuya-

期待通り化けてくれましたぁwサビでは完全にヘドバンでしたwww

13.月姫

本編ラスト。禁断の果て~ここまでの流れはまさに完璧でした。歌詞の世界観も統一されてますしね

EN1

ルークとKOJI以外のサポメン登場後、高見沢ひとりでステージへ。黒のスーツに、サングラス。髪は結っていたんですが、パリス・ヒルトンにそっくりでした(笑)今後参加される方、是非ご注目ください。

14.Berlin Rain

15.Techno Gramaraous(59 LP Standard)

インスト2曲だったんですが、ここはBerlin Callingをやってほしかったなぁっていうのが本音。

~Drum Solo~

高見沢衣装チェンジで登場。ロブ・ハルフォードを王子アレンジしたような衣装で腹を抱えて笑ってしまいましたwww

16.Lonely Heart

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!! ようやくIsmからです。去年やらなかった曲だけに切望しておりましたよ

17.Endress Dream 2007

18.Summertime Blues (The Who カバー)

純正カバーではなく、替え歌でしたね。「巷で王子と言われてるが、そろそろキツイんじゃない?サマタイムブル~ス」みたいな(笑)んで観客煽って、一部アレンジの一斉ヘドバン炸裂!!

19.悲劇受胎

ニューアレンジでしたが、メロディアス度が増したぶんインストパートは頭振りづらい感じが。

20.騒音おばさんVS高音おじさん

やっぱ、この曲が1番盛り上がります

EN2

EN1の最初の衣装に着替え直し。片思いの辛さとか、そんな話をして.....

21,One Way Love

最後が微妙・・・ このあとにもう1曲「逢いたくて」とかがあったらよかったんだけどなぁ。。。



~総括~



普段、アルフィーでは出来そうで出来ないヘドバン堪能させて頂きました確実に去年のソロツアーよりパワーアップしてるのを肌でひしひし感じました。そして、前列で聴くツインドラムは腹にきますねぇ!!!決して空腹だったわけではないのですが、意識するくらいだったんで相当すごかったかと。高見沢の熱いメタル魂に、こちらも120%の力で応戦しました。こんなこと言うのもなんですが、俺のメタル魂もきっちり高見沢に伝わったと思いますしきりに渋谷より熱いぜ!とか、七夕よりも花火よりもこの会場が燃えてるぜ!と仰ってましたしね。大満足でした。今年もメタルで最高な一夜を過ごさせてくれた高見沢に心から感謝感謝です
スポンサーサイト

LIVE REPORT | コメント:0 | トラックバック:0
<<DUFF McKAGAN'S LOADED Special Gig In Tokyo@渋谷クワトロ | 大音量ロック美学論 Ver2 | THE ALFEE AUBE 2008 RENAISSANCE@大宮ソニックシティ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 大音量ロック美学論 Ver2 |