トップ画像
アルフィーいろいろ。
2014-12-25 Thu 23:40
今年聴けてよかった曲ベスト5。

5位 悲劇受胎

たぶん06年の秋以来かな。うーん、やっぱり痺れちゃいますね。イントロのギターの部分が若干アレンジされていたのかな。従来のライヴverとは違うかなと感じましたが、個人的には今回のverのほうが好き。

4位 LOVE

これは08年の春以来。様式美的クラシック歌謡とでもいうんでしょうか、この耽美的な世界観好きなんだよなー。ラストのギターソロは08年の方が冴えてるなと感じたけど、もうこの曲聴けただけで大満足。

3位 Glory Days

WGRでリクエストしつつ、長年聴きたいと思ってたんだけど、西武ドームの時のような感動は得られなかったってのが本音。聴ければいいってもんじゃないのか、っていうことを勉強しつつも、一応このくらいの順位に。

2位 TIME AND TIDE

なんやかんやで大好き。

1位 Crimson kiss

存在すら忘れていたくせに、ライヴで聴いたらもう最高でしたね。後奏の賢さんのベースソロも含めて何もかもかっこよかったですねー。02年の春に聴いてると思うんだけど、あんまり当時の記憶はないですね。そういえば今回のツアーのステージセット02年の春のに似てたなあ。

春ツアーの曲が1曲もはいってませんね。流れ的には春のセットリストは完璧だなと思いましたけど、曲単位でクローズアップしていくと秋の方が好きな曲多かったですね。


武道館セットリスト考察。

特に昨年、一昨年とアタマのブロックにはコンセプトを持たせたセットリストを組んでいましたが、今年は特にコンセプトはなく特別感はあんまり感じられないセットリストになりましたね。「Crimson kiss」と「自由になるために」が生き残り、本編最後のブロックあたまではジェネレーションダイナマイト」がリスト入り。これは嬉しいですね。「SWEET HARD DREAMER」じゃなくて、ほんとうによかった(´д⊂)アンコールの目玉はビートボーイズ。うん、個人的にはいらね、って感じです。普通に「Punks Life」やってほしかった。


来年のツアータイトル。

世間的に認知されてる曲って「メリーアン」「星空のディスタンス」、ごくわずかな層に「Promised Love」「冒険者たち」「エルドラド」「希望の鐘が鳴る朝に」「太陽は沈まない」くらいのもので、ベストヒットアルフィーはねえだろうと。笑 シングルメインのセットリストになったら嫌だなーとどんより。そもそもツアータイトルがダサすぎる。


年末は仕事が忙しく、最近パソコンすら開いてない毎日なのでこれが今年最後の更新になるかもしれませんです。

今年もいろんな方とこのブログを通じて交流できたことを心から感謝しております。ツアータイトルがダサすぎて萎えるみたいなことを言っておきながら、メンバーが言ってるように今年は41年目のための40年ということで、来年、よりアルフィーが素晴らしい活動をしてくれるであろうことを心から期待しております。

今年もお世話になりました。来年もまたよろしくお願いします。それでは。


スポンサーサイト
THE ALFEE | コメント:8 | トラックバック:0
| 大音量ロック美学論 Ver2 |
| 大音量ロック美学論 Ver2 | NEXT